鶴見区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

神奈川県立がんセンター 重粒子線施設が開所 国内5カ所目

社会

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
開棟式でテープカットを行う黒岩知事(中央)ら
開棟式でテープカットを行う黒岩知事(中央)ら

世界の患者8割が来日

 神奈川県立がんセンター(宮野悟総長)=旭区中尾=に併設し、整備が進められてきた重粒子線治療施設「i(アイ)-ROCK(ロック)」の開棟式が12月5日、関係者ら約170人が出席し行われた。同施設は、国内の重粒子線治療施設としては5カ所目。12月中旬から臨床試験での利用が開始され、一般患者の利用は来年2月からの予定となっている。

 重粒子線はX線や陽子線に比べ、がんを殺傷する能力が高い放射線。副作用が少なく1回の照射線量を多くできるので、治療回数を減らすことができる。世界で稼働している同様の施設は現在、「i-ROCK」を含め9カ所。国内にはそのうち5カ所の施設があり、世界中の患者の8割以上が日本で治療を受けている。

 5日に行われた開棟式には黒岩祐治知事、土屋了介神奈川県立病院機構理事長、議員ら約170人が出席。あいさつに立った黒岩知事は「県民の長い悲願でした。日本のがん治療を切り開く施設にしたい」と話した。

専門病院と地下で連結

 「i-ROCK」は、神奈川県が2005年に策定した、「がんへの挑戦・10か年戦略」の取り組みの一環として整備が進められてきたもの。建設費は約120億円。建設面積は約3000平方メートル。地上2階・地下1階建て。地下の通路でがんセンターとの行き来が可能になっている。重粒子線施設が、がん専門病院に併設されているのは世界初。また、国内他施設と比べ、交通利便性がよく、最新の照射技術が取り入れられていることなども特徴だ。

高額治療費が課題

 重粒子線治療は健康保険適用外で、350万円の費用が掛かる。現行の先進医療制度では民間保険の特約が利用できるが、現在、国はその見直しを行っている。適用外となった場合には実費での治療となり、患者の負担増が懸念されている。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

初の制作展が中止

寺尾中影絵部

初の制作展が中止 文化

生徒の力作 コロナで断念

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

区内イベント等中止情報

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク