鶴見区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

神奈川県立がんセンター 重粒子線施設が開所 国内5カ所目

社会

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
開棟式でテープカットを行う黒岩知事(中央)ら
開棟式でテープカットを行う黒岩知事(中央)ら

世界の患者8割が来日

 神奈川県立がんセンター(宮野悟総長)=旭区中尾=に併設し、整備が進められてきた重粒子線治療施設「i(アイ)-ROCK(ロック)」の開棟式が12月5日、関係者ら約170人が出席し行われた。同施設は、国内の重粒子線治療施設としては5カ所目。12月中旬から臨床試験での利用が開始され、一般患者の利用は来年2月からの予定となっている。

 重粒子線はX線や陽子線に比べ、がんを殺傷する能力が高い放射線。副作用が少なく1回の照射線量を多くできるので、治療回数を減らすことができる。世界で稼働している同様の施設は現在、「i-ROCK」を含め9カ所。国内にはそのうち5カ所の施設があり、世界中の患者の8割以上が日本で治療を受けている。

 5日に行われた開棟式には黒岩祐治知事、土屋了介神奈川県立病院機構理事長、議員ら約170人が出席。あいさつに立った黒岩知事は「県民の長い悲願でした。日本のがん治療を切り開く施設にしたい」と話した。

専門病院と地下で連結

 「i-ROCK」は、神奈川県が2005年に策定した、「がんへの挑戦・10か年戦略」の取り組みの一環として整備が進められてきたもの。建設費は約120億円。建設面積は約3000平方メートル。地上2階・地下1階建て。地下の通路でがんセンターとの行き来が可能になっている。重粒子線施設が、がん専門病院に併設されているのは世界初。また、国内他施設と比べ、交通利便性がよく、最新の照射技術が取り入れられていることなども特徴だ。

高額治療費が課題

 重粒子線治療は健康保険適用外で、350万円の費用が掛かる。現行の先進医療制度では民間保険の特約が利用できるが、現在、国はその見直しを行っている。適用外となった場合には実費での治療となり、患者の負担増が懸念されている。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

食糧問題の解決へ

食糧問題の解決へ 社会

市、国連機関と覚書締結

4月8日号

新キャラをお披露目

ベルロードつるみ

新キャラをお披露目 社会

鶴小児童作「にじベルくん」

4月8日号

知的財産活用し企業支援

横浜銀行

知的財産活用し企業支援 経済

テレ東関連会社と協業で

4月8日号

港と客船の調和を

港と客船の調和を 文化

大さん橋で写真展示

4月8日号

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月8日号

「灯り」のドールハウス展

「灯り」のドールハウス展 社会

4月3日から 人形の家

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク