鶴見区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

鶴見たけのこ学童クラブ 父母ら支え40年 「放課後の家」の節目祝う

教育

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena
音楽に合わせ、けん玉を披露する児童
音楽に合わせ、けん玉を披露する児童

 豊岡町にある鶴見たけのこ学童クラブが今年度、設立40周年を迎え、2月20日に豊岡小学校体育館で記念式典を行った。

 当日は児童や保護者、指導員のほか、父母のOBや地域の関係者ら約270人が出席した。父母らが仕事の合間をぬって、約3カ月かけて準備してきたという会。児童がコマ回しやけん玉、太鼓といった昔遊びを披露するなど、全員で周年を祝った。

児童4人でスタート

 たけのこ学童が設立したのは、まだ親が自主的に設立するケースがほとんどだったという1975年。児童4人からのスタートだった。学童保育や育児休暇という言葉も浸透していない時代。保護者の家などを保育場所として、運営を続けた。

 当時市の委託を受けるには、指導員の人数や保育場所の広さ、地域住民も含めた運営委員会の設置など、条件をクリアしなくてはならず、委託を承認されたのは10年後の1985年。現在の所在地として借りている瀬下自転車(株)2階に移転した年だった。

温かな運営続く

 今年度までの入所児童数は597人。児童数の増加から99年、主に鶴見小を対象とする「おひさま学童」、2010年には「第2たけのこ」を分割した。

 29年目となる指導員の木村美登里さん=人物風土記で紹介=は「保護者やOB、地域、みんな協力的」と話し、天井や床の張り替えも保護者らが行うなど、温かな手作りの運営が今も続いていると明かした。

 また、父母OBが数多く関わっているのも特徴で、82年から支援を続ける西栄子さんは「共働きを支えてもらった感謝の部分が大きい」と話していた。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

食糧問題の解決へ

食糧問題の解決へ 社会

市、国連機関と覚書締結

4月8日号

新キャラをお披露目

ベルロードつるみ

新キャラをお披露目 社会

鶴小児童作「にじベルくん」

4月8日号

知的財産活用し企業支援

横浜銀行

知的財産活用し企業支援 経済

テレ東関連会社と協業で

4月8日号

港と客船の調和を

港と客船の調和を 文化

大さん橋で写真展示

4月8日号

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月8日号

「灯り」のドールハウス展

「灯り」のドールハウス展 社会

4月3日から 人形の家

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク