鶴見区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

救急電話相談 24時間可能に 短縮番号「♯7119」

社会

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は6月から、急な病気やけがをした際、症状に基づく緊急性の有無や受診の必要性について、看護師からアドバイスを受けることができる「救急電話相談」の受付時間を拡大し、24時間体制で対応している。

 市では2006年に小児を対象に救急相談を受け付ける事業を開始。今年1月からは年齢制限を撤廃し、サービスを拡充した。

 従来、急病時などに受診可能な病院や診療所を案内するサービスは24時間無休で対応してきたが、今回は夜間や休日など、医療機関の診療時間外にのみ受け付けてきた「救急相談」も24時間化を図った。

 サービスの利用は短縮番号「♯7119」をダイヤルし、受診可能な医療機関案内か救急相談を選択する。コールセンターには最大7人の看護師が常駐し、相談者から症状を聞き取り緊急度を判定。「救急車を呼ぶ」「最寄りの医療機関を受診」「自宅で静養」など適切な対処法を助言する。看護師が判断に迷った場合は医師に相談できる体制も敷かれ、緊急度が高い場合は119番に転送される。

 医療局では「症状の緊急度が分からず、119番にかけるのを躊躇してしまう人も多い。そのためのセーフティネットになることができれば」と話している。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク