鶴見区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

二ツ池公園 全面開園3年延期 19年度完成目ざす

社会

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
二ツ池公園
二ツ池公園

 昨夏から一部利用が始まった「二ツ池公園」。2016年度中に未整備の西側の工事を進め、全面開園を目指していたが、延期されることがわかった。西側の工事予定地を所得するための交渉が続いているためだ。横浜市は、公園事業をさらに3年延長する手続きに入っており、19年度までの全面開園を目ざす考えだ。

 二つ池公園は、かつてかんがい用のため池だった二ツ池を公園化。市内でも有数の生物生息地で、自然環境を保護する「保全ゾーン」や散策を楽しむ「利用ゾーン」を設け、景観や環境を活かせるよう設計された。

 09年の公園整備の決定以降、地域住民と市が管理運営方法を検討し、15年7月、東側の散策デッキなどが完成。当時から西側用地の交渉は継続中だったため、全面開園は延期。東側の一部利用開始となり、釣りも可能な同園には愛好者らが多く集まっている。

計画案変更せず

 整備が遅れている西側には、トイレやインフォメーションコーナーなどの設置を想定している。

 工事予定地の交渉は現在も続いているため、市は事業期間を19年度まで延伸する手続きを進めている。今後も公園の計画案は変更せず用地取得の交渉は続け、3年後の全面開園を目ざしたいという。「なるべく早く用地は取得したい」と市担当者は話す。

トイレ必要

 公園の清掃などを担う愛護会の小山和雄会長は、「いずれは子どもの釣り大会なども企画したいので、トイレや手洗い場などがないのは困る。早期に完成させてもらいたい」と要望を語っていた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

即興の絵を競う

即興の絵を競う 文化

ライブペイント企画 30日に

10月21日号

電話録音機を貸出中

電話録音機を貸出中 社会

詐欺防止に活躍

10月21日号

歴史学ぶ連続講座

歴史学ぶ連続講座 文化

11月6日と13日に

10月21日号

「大切な資産を守るため」

「大切な資産を守るため」 社会

神奈川銀行に聞く

10月21日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月21日号

還付金詐欺が増加傾向

区内振り込め等

還付金詐欺が増加傾向 社会

非接触の手口を利用か

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook