鶴見区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

しょうじゅの里小野で内覧会  地域住民ら 約320人参加

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
共有のカフェスペース(上)と内覧会の様子
共有のカフェスペース(上)と内覧会の様子

 旧市立鶴見工業高校跡地で整備が進んでいた特別養護老人ホーム「しょうじゅの里小野」=下野谷=の開所式・内覧会が3月9日に行われた。正式オープンは4月1日の予定。

 同施設は赤枝グループ社会福祉法人兼愛会が運営。鉄筋コンクリート造の5階建てで、延べ床面積は約5250平方メートル。少人数のグループをひとつの生活単位とし、家庭的な雰囲気の中で生活できる「ユニットケア」という介護ケアコンセプトをもつ施設。居室総数は120床で、すでに満室。待機人数は514人(3月12日現在)となっている。

 当日は、地域住民や事業所から約120人が参加。2月22日に開かれた内覧会と併せて、約320人の来場となった。開所式では、横浜市の職員や携わった建設会社など約20人が参加し、開所を祝った。

開かれた施設に

 同施設は「地域住民に開かれた場所として気軽に来てほしい」という思いから、ガラス張りの部分が多いことが特徴。

 1階のカフェは地域との共有スペースとして誰でも自由に出入りでき、運営ボランティアも募る予定。他にも屋上に菜園やスクリーンが用意され、共有スペースとして使われる。

 同施設は「季節に応じて花火大会や映画鑑賞会なども開いていきたい」としている。

 赤枝雄一理事長は「特別養護老人ホームを知らない人も多い。地域の人に親しみを持ってもらいたい。入居者はもちろん、その家族や、職員も楽しめる場所になっているはず」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

プロ招き観劇

生小児童ら

プロ招き観劇 教育

体育館がアラジンに

12月5日号

大銀杏、美しく色付く

大銀杏、美しく色付く 文化

常倫寺 見頃は12月中

12月5日号

ひびきあって30年

上寺尾小

ひびきあって30年 教育

830人で記念式典

12月5日号

人生の最期を考える

人生の最期を考える 社会

在宅ケアネットが勉強会

12月5日号

小学生ら 冒険で税学ぶ

小学生ら 冒険で税学ぶ 社会

法人会青年部 恒例トレハン 

12月5日号

ママ向けワークショップ

ママ向けワークショップ 文化

子育て世代が企画

12月5日号

子どもの課題を考える

子どもの課題を考える 社会

貧困、孤立、NPOが講演会

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク