鶴見区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

タイ料理店がこども食堂 未来守る思い胸に”開店中”

社会

「気軽に来て」と呼びかけるなんちゃん
「気軽に来て」と呼びかけるなんちゃん
 経済的背景やひとり親家庭など、様々な事情を抱えた子どもたちに低価格で食事を提供する「こども食堂」。新たな子どもたちの居場所として広がる中、全国的にも珍しいタイ料理店での取組がスタートしている。鶴見中央にある「パサタイ ナンズ キッチン」だ。

ボラ心満載「なんちゃん」

 4年前に開店した同店。「なんちゃん」の愛称で知られる来日17年のナッタヤ・サムランさんがオーナーを務める。こども食堂のきっかけは常連客の一言。「夏ごろお客さんから話を聞いた。すぐやりたいと思って」。知人を頼り、立ち上げに関わった経験のある人たちの協力を得て、今年1月、実施にこぎつけた。

 「子どもは自分たちの未来。大好きだから」。それが大きな理由だ。自身も二児を育てた母。母国へ帰省すると、児童施設へ寄付も行っている。

食材費など募金で

 一食100円。本格的なタイ料理だが、子ども向けに辛さは除く。食材費などは常連客らの募金で賄う。気持ちで埋まるレジ横の募金箱を見ながら「みんなでやっている感覚」と笑顔を見せる。

 人気のマッサマンカレーを振る舞った前回。一度も口にしたことがないという子どもが、「おいしい」と喜んだ。

 「遊び場じゃないけど、頼ってほしい」となんちゃんは話す。

 毎月第3日曜日に実施。対象は中学3年生まで(高校生以上は500円)。時間は正午〜午後2時。材料がなくなり次第終了。問合せ【電話】045・506・1664。

鶴見区版のローカルニュース最新6件

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

シワや肩こり 目が原因?

エムズ皮フ科形成外科クリニックの眼瞼下垂症治療

http://ms-clinic.yokohama/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

僧侶も踊る3日間

僧侶も踊る3日間

大本山總持寺 恒例「み霊祭り」

7月17日~7月19日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク