鶴見区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

県、キリン工場に水素拠点 東宝タクシーがFCV運用

社会

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena
キリン横浜工場に設置されたSHS(右奥)と東宝タクシーが導入したFCVハイヤー
キリン横浜工場に設置されたSHS(右奥)と東宝タクシーが導入したFCVハイヤー

 神奈川県は4月9日、区内生麦のキリンビール横浜工場内に、燃料電池自動車(FCV)用の水素を製造・供給する「スマート水素ステーション」(SHS)を設置した。全国19カ所目で県内初。国内で初めて公共交通となるハイヤーに使用され、東宝タクシー(株)=鶴見中央=が担う。普及を目ざし、鶴見から次世代の取組がスタートする。

 同工場が一昨年、薄膜太陽光パネルを設置した際、県に「(太陽光パネルを)地域貢献にも使いたい」と申し出たことがきっかけ。水素社会実現を推進している県の施策などと一致したことで、SHS設置にいたった。

 一方、東宝タクシーは、以前から別のプロジェクトで県とつながりがあったことから協力。使用するFCVハイヤーを1台導入した。

公共交通利用でPRへ

 工場内の太陽光パネルで発電された電気で水を分解し、二酸化炭素(CO2)フリーの水素を製造する。一日最大で150Km走行できる水素量がつくられるという。

 県は3年以内にタクシーに利用したい考え。2017年現在、県内のFCV普及台数は200台、商用の水素ステーションは13カ所だが、これを25年度には2万〜10万台、25〜50カ所という普及目標を掲げる。

 「一台一日平均30人乗車する。PR効果は高い」と東宝タクシー。県も「公共交通への活用で人目に触れることが多くなり、水素を身近に体感してもらえれば」と期待する。

 キリンビール横浜工場の神崎夕紀工場長は「地域のエネルギー循環に寄与できるのは嬉しい」と設置を歓迎した。

 東宝タクシーは、5月12日に県立三ツ池公園で開かれるイベントで、FCVハイヤーを展示予定。「外部給電が可能で、災害時にも役立つ。見てもらえれば」と話している。

鶴見区版のローカルニュース最新6

オンラインで防災会議

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンラインで防災会議 社会

コロナ禍の災害を想像

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

医療と経済に重点配分

【Web限定記事】横浜市 補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

“持ち帰り”に目印

“持ち帰り”に目印 社会

潮田 飲食店にボード設置

5月21日号

困窮学生の生活、学習を支援

困窮学生の生活、学習を支援 社会

鶴大、商大が給付制度新設

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月8日15:42更新

  • 4月25日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    4月17日20:51更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク