鶴見区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

鶴見署管内 事故増加数、県内ワースト 自転車関係が突出

社会

豊小で行われた自転車教室
豊小で行われた自転車教室
 鶴見警察署管内で交通事故が急増している。6月28日現在、前年比39件増の322件で、増加件数は県内ワースト1位となっている。鶴見署は「事故が増えていることを知ってもらい、ルールやマナーを意識してもらえれば」と呼びかける。

 同署管内の事故件数は、2015年に5年ぶりに増加に転じて以降、3年連続で増えており、今年もその傾向に歯止めがかかっていない状況。特に自転車関係の事故の割合が増え、前年比20件増の86件となっている。

 地区別では、国道など幹線道路が走る下末吉、駅前の鶴見中央のほか、駒岡や矢向での発生がやや多い傾向にある。

 同署は、増加の原因を「特定はできない」としながらも、自転車については「意識の低下があるのではないか」と分析。「歩行者感覚で運転している人が多い。自転車も車両。ぶつかって立ち去ったら本来はひき逃げになる」と指摘する。

小学校でも啓発

 鶴見署は自転車利用者のマナーアップ対策として、小学校や自治会などでの自転車教室等を実施している。

 6月26日には、豊岡小学校で4年生104人を対象とした教室があった。

 当日は校庭に白線で道路を描き、乗り方を伝授。安全確認の大切さや車の特性などを伝えた。「小さいころから安全意識を高めるのは大事。将来の事故防止につながる」と鶴見署は話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6件

横浜、川崎でお墓のことなら石蔵

通常墓地、霊園から駅近納骨堂、ペットまでご相談を

http://ishi-kura.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作りでつるぽん

手作りでつるぽん

10月14日 図書館

10月14日~10月14日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク