鶴見区版 掲載号:2018年11月1日号
  • LINE
  • はてぶ

横溝屋敷「30歳」をお祝い 式典に関係者ら90人

社会

多くの関係者が出席した式典(同管理委員会提供)
多くの関係者が出席した式典(同管理委員会提供)
 横浜市農村生活館みその公園「横溝屋敷」=獅子ヶ谷=が、開館30周年を迎え、10月14日、記念式典が行われた。式典は同屋敷管理委員会(小山和雄会長)が主催。長年の運営協力者や地域ボランティアなど、約90人が出席し節目を祝った。

 同屋敷は、江戸時代に名主を務めた横溝家の旧家。1987年に、第17代当主・横溝和子さんから市に寄贈され、89年に古民家の公園として開館した。市指定有形文化財の第一号でもある。

 施設では、季節ごとの年中行事なども多数開催。近隣のショッピング施設・トレッサ横浜とも連携を深め、年間5万人以上が訪れる。新田弘子館長は「子ども連れの若い世代が多く遊びに来てくれるようになった」と話す。

 寄贈した横溝さんは「これからも屋敷が、色々と体験できる市民の場として続くことを祈っている」と声を寄せた。

11/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の「邦楽」一堂に

伝統の「邦楽」一堂に

箏に長唄、日舞――2日に舞台

12月2日~12月2日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク