鶴見区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

済生会東部病院 新棟建設、医療面拡充へ 事務機能移し本棟改修

社会

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
完成予想図(提供=済生会横浜市東部病院)。左手前が建設される新棟。右は本棟で、手前に国道1号線が走る
完成予想図(提供=済生会横浜市東部病院)。左手前が建設される新棟。右は本棟で、手前に国道1号線が走る

済生会横浜市東部病院=下末吉=が、医療機能拡充に向けた取組として、敷地内に新棟を建設し、事務機能の一部を移転させることがわかった。新棟はこの4月から着工予定で、完成は2020年5月を目ざす。その後、本棟の改修に入るという。

充実のためスペース確保

 東部病院は、2007年に開院した横浜市内東部地域の中核病院。災害拠点病院にも指定されている。

 新棟建設のきっかけは、人員増加によるスペース不足だ。同院は開院以来、高度急性期病院として備えていた救命救急センターをはじめ、がんセンターや患者支援センターなどを設置し、医療面を充実させてきた。

 それにともない、医師や看護師、事務職員も含めた総スタッフ数は、当初の約1千人弱からおよそ1500人まで増加。増員のたび、本棟の倉庫や会議室などの仕様を変更しながら、さまざまなスペースを確保してきたが、限界が近づいていたという。

 同院は、「さらに医療機能を充実させるには、事務機能の一部を移転させる必要がある」とし、今回の新棟建設に踏み切った形だ。

20年5月以降に改修

 新棟は、敷地内の南西側、国道1号線沿いにある来院者用の駐輪場部分に建つ。駐輪場は移設される。

 5階建てで、研修室や会議室、事務室などが設置される。また、これまでなかった機能としては、病院スタッフ専用の病児保育室も置かれ、働き方改革の一環も担うという。

 完成は2020年の5月を予定。本棟から事務機能を移転させたあと、空いたスペースを活用して、既存の医療機能を拡充していく。広げる機能は今後検討していく方針だという。

 同院は「来年5月の完成時点までには、本棟拡充の青写真を描きたい」としている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

学生の絵で振り込め撃退

学生の絵で振り込め撃退 社会

警察、郵便局が啓発ハガキ

10月17日号

子ども向けに飼育冊子

区内動物愛護団体

子ども向けに飼育冊子 教育

“愛でる”知識学ぶ教材に

10月17日号

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク