鶴見区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

サカタのタネ園芸企画 たねダンゴでギネス認定 300人 1万3千個超

文化

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
たねダンゴ作成に夢中
たねダンゴ作成に夢中

 サカタのタネ(株)と関連会社は、9月29日、入船公園=弁天町=で園芸イベント「育てよう日本!咲かせよう日本!〜たねダンゴでギネス世界記録を達成しよう〜」と題したイベントを開催。世界初となる挑戦で、1万3224個を作成し、ギネスに認定された。

 関連会社らは、サカタのタネ グリーンサービス(株)、サカタのタネ社内親睦会「みどり会」。

 企画は年齢、在住制限などなく誰でも参加でき、「8時間で作ったたねダンゴの最多数(チーム)」の達成を目標に1万個以上の製作を目指すもの。

 たねダンゴとは、けと土、赤玉土、肥料などを混ぜた泥ダンゴにタネをつけてタネまきする手法。簡単に作れるのに加え、栽培時に失敗しにくいという特徴がある。

 たねダンゴの普及や社員の親睦を深めること、公園の有効利用などを目的に開かれた。

真剣な泥遊び

 当日は、横浜市内外から約300人が参加。(公社)日本家庭園芸普及協会認定アドバイザーの指導を受けながら、一人25個以上たねダンゴを作成。

 家族で訪れたという区内在住の男性は、「ちょうどピクニックに来ていて参加した。普段子どもたちが土を触る機はあまりなく、楽しそうにしていてよかった」と話し、厚木から孫とともに訪れたという男性は「家庭菜園をしていて、花も植木も大好き。孫と一緒に楽しめる」と満足した様子だった。

 作られたたねダンゴは、個人で持ち帰ったほか、県立相模原公園や、大船フラワーセンターなどに配られて、育てられる。9〜11月散布時期のネモフィラやカスミソウなどの種が入っており、見頃は来春だという。

 (株)サカタのタネ・坂田宏代表取締役社長は、「真剣な泥遊びを楽しんもらえたと思う。今後も園芸の文化を高め、広めていけたら」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク