鶴見区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

鶴見川サマーフェス 2年後の開催、白紙へ 実行委員会が解散

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
森永橋方面から見た花火(写真は過去)
森永橋方面から見た花火(写真は過去)

 東京五輪や安全対策などを理由に2年間休止となっていた鶴見川サマーフェスティバルが再来年以降も白紙状態になったことが分かった。増加する観客の安全面確保で意見が割れ、10月1日に実行委員会が解散。今後の方向性は未定という。

 鶴見川サマーフェスは、花火大会をメインとした鶴見区三大区民祭りの一つ。近隣住民や企業らが主体となる実行委員会形式で企画・運営。昨年までで32回を数え、夜の花火大会の前には、模擬店や鶴見川クルーズなどが実施されていた。

 会場は三角交差点から住宅街の細い路地を抜けた佃野公園と周辺の河川敷で、会場規模としては三大フェスの中で最も狭いにも関わらず、来場者数は年々増加。昨年は6万人が訪れ、激しい混雑状況が続いていたことから、6月に行われた会議の中で、2年間の休止が決まり、休止期間中に方向性が検討されることとなっていた。

 しかし、その後の会議のなかで、2年後の開催について、スピード感を持って早く花火を上げようという意見と、安全面を重視して慎重に考えようという意見に分裂。足並みを合わせていくことが困難になったことから、一旦会を解散させて、実行委員会を作り直す方向に決まった。

 1日の会議では、解散後の残余財産を次の実行委員会につなげるため、一時的に鶴見区自治連合会に帰属させることも決定した。

「なんとか続けたい」

 新しい実行委員会の具体的な立ち上げ時期など、今後については未定だ。区の担当者は「安全面が確保される妙案が出てくれば、名物として復活できる」とする。

 開催当初から関わり、現在委員長を務める土田和男さんは、「本来ならば、今年も花火を上げ、来年は五輪で休み、次の年も上げるはずだった。もっとゆっくりと話し合いをしたかった」と心情を吐露し、「やる気は十分にある。内容を大きく変えるなどしても、何とか続けていきたい」と意欲を見せた。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

学生の絵で振り込め撃退

学生の絵で振り込め撃退 社会

警察、郵便局が啓発ハガキ

10月17日号

子ども向けに飼育冊子

区内動物愛護団体

子ども向けに飼育冊子 教育

“愛でる”知識学ぶ教材に

10月17日号

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク