鶴見区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

多文化、外国選手に学ぶ 横浜FC 矢向小で交流

教育

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
サッカーを通じて交流する児童と選手
サッカーを通じて交流する児童と選手

 サッカーJ2・横浜FCの外国人選手3人を招く特別授業が、10月8日、矢向小学校で開かれ、5年生約150人が多文化共生を学んだ。

 市内で2番目に外国人の多い鶴見区は、2008年に「多文化共生のまちづくり宣言」を実施。特別授業は、取組推進の一環として、外国に縁のある児童が多く通う学校を中心に、2014年からスタートした。毎年一校ずつ行われ、矢向小で6校目となる。

 当日、”先生”役として学校を訪れたのは、同チームで活躍するイバ選手(ノルウェー出身)、カルフィン・ヨン・アピン選手(オランダ出身)、レアンドロ・ドミンゲス選手(ブラジル出身)の3人。児童からの質問に答え、その後は校庭でミニサッカーを通して交流。児童たちはプロ選手との貴重なプレーを楽しんだ。

鶴見区版のローカルニュース最新6

馬場で赤門祭り

馬場で赤門祭り 文化

24日 奉行が開門

11月21日号

区内写真家の展示会

区内写真家の展示会 文化

70点がズラリ

11月21日号

児童ら、ソーランで競演

児童ら、ソーランで競演 社会

熱いパフォーマンス披露

11月21日号

親子で学び、遊べる場

親子で学び、遊べる場 教育

人形劇や工作体験など

11月21日号

伝統芸能が一堂に

伝統芸能が一堂に 文化

区内師匠ら舞台

11月21日号

鶴見事故を後世に

岸谷第四自治会

鶴見事故を後世に 社会

3年目の慰霊祭

11月21日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク