鶴見区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

多文化、外国選手に学ぶ 横浜FC 矢向小で交流

教育

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
サッカーを通じて交流する児童と選手
サッカーを通じて交流する児童と選手

 サッカーJ2・横浜FCの外国人選手3人を招く特別授業が、10月8日、矢向小学校で開かれ、5年生約150人が多文化共生を学んだ。

 市内で2番目に外国人の多い鶴見区は、2008年に「多文化共生のまちづくり宣言」を実施。特別授業は、取組推進の一環として、外国に縁のある児童が多く通う学校を中心に、2014年からスタートした。毎年一校ずつ行われ、矢向小で6校目となる。

 当日、”先生”役として学校を訪れたのは、同チームで活躍するイバ選手(ノルウェー出身)、カルフィン・ヨン・アピン選手(オランダ出身)、レアンドロ・ドミンゲス選手(ブラジル出身)の3人。児童からの質問に答え、その後は校庭でミニサッカーを通して交流。児童たちはプロ選手との貴重なプレーを楽しんだ。

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク