鶴見区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

多文化、外国選手に学ぶ 横浜FC 矢向小で交流

教育

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
サッカーを通じて交流する児童と選手
サッカーを通じて交流する児童と選手

 サッカーJ2・横浜FCの外国人選手3人を招く特別授業が、10月8日、矢向小学校で開かれ、5年生約150人が多文化共生を学んだ。

 市内で2番目に外国人の多い鶴見区は、2008年に「多文化共生のまちづくり宣言」を実施。特別授業は、取組推進の一環として、外国に縁のある児童が多く通う学校を中心に、2014年からスタートした。毎年一校ずつ行われ、矢向小で6校目となる。

 当日、”先生”役として学校を訪れたのは、同チームで活躍するイバ選手(ノルウェー出身)、カルフィン・ヨン・アピン選手(オランダ出身)、レアンドロ・ドミンゲス選手(ブラジル出身)の3人。児童からの質問に答え、その後は校庭でミニサッカーを通して交流。児童たちはプロ選手との貴重なプレーを楽しんだ。

令和の「七五三」は師岡熊野神社

衣裳内覧会開催。ご祈祷~衣裳レンタル、着付け、ヘアメイク、写真撮影まで

http://www.kumanojinja.or.jp/

一人から始めるリコール運動

林文子横浜市長リコールで、カジノを止めましょう!

https://recall235.com/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ハマの博物館めぐり

夏休み企画

ハマの博物館めぐり 文化

今年は特設サイト上で

8月13日号

起業者へ連続講座

起業者へ連続講座 経済

市が参加者募集

8月13日号

打ち水と梅で”涼”

打ち水と梅で”涼” 文化

旧藤本家住宅 夏のしつらえ

8月13日号

横浜駅周辺の今昔

横浜駅周辺の今昔 文化

市季刊誌で特集

8月13日号

長雨に負けず600株

長雨に負けず600株 文化

入船公園 ひまわり満開

8月13日号

住宅火災の割合増加

横浜市

住宅火災の割合増加 社会

1〜6月期157件

8月13日号

日産自動車株式会社 横浜工場

日産発祥の地として地域の皆様に愛される工場を目指しています。

https://www.nissan-global.com/JP/PLANT/YOKOHAMA/

内藤石材店

明治29年創業。「永遠の生命」を刻み込む

http://www.naitou-sekizai.co.jp/home/gaiyo.html

白鵬女子高等学校

自分だけの翼を手に入れよう

http://www.hakuhojoshi-h.ed.jp/

つるみ文芸協会

サルビアホールを拠点にラテンにハワイアン、歌謡ショーまで幅広い企画を展開

鶴見安全運転管理者会

事業者による交通安全活動団体

感謝を忘れず真人(ひと)となる

禅の精神に基づき、慈愛と感謝を持つ人間力と、社会貢献できる人材を育てます

https://www.tsurumi-u.ac.jp/

鶴見区盛り上げ隊

鶴見のまちを活性化

レストラン「ビアポート」

夏の期間限定メニューが登場!工場直送ビールとご賞味あれ!

http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/

株式会社グリーンフィールド

(一社)鶴見みどりのルート1をつくる会に参加しています

鶴見交通安全協会

事故のない鶴見を目指して、交通啓発活動を行う

寺尾奉行

ふるさと再発見

NPO法人鶴見区民地域活動協会

地区センター・コミュニティハウス・ログハウスには楽しいイベントがいっぱい!

http://www.npo-ttk.jp/

鶴見区社会福祉協議会

誰もが安心して自分らしく暮らせる地域社会をみんなでつくりだす

http://www.yturumi-shakyo.jp/

写真家 大谷雄二

横浜市緑の協会が主催する写真講座の講師を担当するなど幅広く活動

大本山總持寺

世界に開かれた禅苑として、皆様のお参りをお待ちしております

http://www.sojiji.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク