鶴見区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

天王院で大師講 200年以上の歴史

文化

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
経典を大きく広げる住職ら
経典を大きく広げる住職ら

 光瑞山天王院(生方常明住職=人物風土記で紹介)で10月24日、文政以前から続く伝統行事・大師講があった。区内の天台宗の寺院7人と区外から5人、併せて12人の住職が集まり、経典『大般若経』を転読した。

 大師講とは一般に11月23日夕方から24日にかけて行われる民間行事で、小豆粥などを食べるとされる。

 毎年、住職らが集まり、天王院で行われている大師講は、全600巻の『大般若経』の転読。長大な経典であるため、現在では折本の形で10冊1組、5組ずつ12箱に収め、住職が短い経典などを読みながら、折本をめくることで通読したこととしている。

 経典は大きく広げ、1巻転読を終えるごとに、箱に叩きつけ、大きな音を立てることが特徴で、巻き起こる風や音によって邪気や煩悩を払うことが目的とされる。

 鶴見の習俗が書かれた『千草』や『佐久間日記』によると、天王院の大師講も以前は11月23日に行われ、小豆粥など振舞い、秋の収穫に感謝する祭だった。昭和初頭に一度途絶したが、昭和後期になって現在の『大般若経』の転読という形で復活。10月に行われるようになったのは、同宗派の本山・延暦寺で行われる高祖・天台大師の報恩会(天台会)に合わせていると推測される。

 当日は鶴見神社の金子元重宮司による田祭りなど、鶴見の歴史の話もあった。訪れた檀家など約40人は、神聖な雰囲気に気持ちを新たにした様子だった。

 生方住職は「今生きている皆様のための行事。多くの人に知ってもらえれば」と話した。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

食ロス削減に協力

区内2連合

食ロス削減に協力 社会

豊岡、小野町で食品回収

12月3日号

100年記念、「新嘗祭」盛大に

潮田神社

100年記念、「新嘗祭」盛大に 社会

コロナ縮小も氏子ら祝う

12月3日号

リモートで防犯教室

少年補導員

リモートで防犯教室 教育

放送室から映像で

11月26日号

AED、24時間利用可能に

東寺尾北部町会

AED、24時間利用可能に 社会

会館外に設置

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

地域サイトを開設

横浜商大・鶴見区

地域サイトを開設 社会

情報発信、交流の場に

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク