鶴見区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

美味しい鮮魚もドライブスルー

社会

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 緊急事態宣言が継続中だった5月24日、JR鶴見線の国道駅そばを走る生麦魚河岸通りに、「ドライブスルー魚屋」が登場した。仕掛けたのは、魚河岸通り沿いの鮮魚店「横芳商店」の三代目・横山貴一さん。豊洲で仕入れた鮮魚などのセットを、SNSで先着予約した約30人に販売した。

”密”回避 生麦に登場

 きっかけはテレビのニュース。新型コロナ対策として、各地でドライブスルー販売が行われていることを知り、「魚屋も」と企画した。

 「ちょうど何かやりたいと思っていたときだった」と横山さん。メインとなる横浜、川崎の料理店への卸しは、自粛と休業で8割減の状況。「アジ一匹から一般小売もやっている。もっと魚の美味しさを、生麦魚河岸を知ってほしかった」

◇  ◇  ◇

 当日用意したのは、箱詰めのウニや活け車エビ、本マグロなど6種類。「豊洲の仲買にがんばってもらった」としたセットは、この日の時価で1万6千円以上。それを1万円で提供した。

 「自粛で外食できない人に、魚を食べてもらえた。みんな美味しかったって」。販売後、SNSを通じて知った声に横山さんは喜ぶ。

 今回、予想以上の人気で断った人たちもいた。宣言は解除されたが、続く新型コロナの影響。6月にも第2弾を企画するつもりだ。「毎回競りなので、次はどんなセットかわからないけど、出来る範囲で続けたい」

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク