鶴見区版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

withコロナ変わる地域1 工夫続けて日常維持 障害者施設の今

社会

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena
ふれんど2号店での弁当販売
ふれんど2号店での弁当販売

 新型コロナウイルス感染拡大の長期化が懸念される中、注目されているのがコロナとともに生きる「withコロナ」という考え方だ。生活様式の変更に迫られる各業界の現状を聞いた。

地域に支えられ

 鶴見中央の障害福祉サービス事業所ふれんど2号店は、弁当の製造や販売を行っている。下末吉の1号店と合わせて37人が利用している。

 厚労省は緊急事態宣言中も、障害者施設等にサービス継続を求めた。家族が日中に支援できない場合があるからだ。

 2号店は、営業を午前中のみにし、早朝と11時からのシフト制勤務を導入。勤務に関しては本人の意思を尊重した。出社も公共交通機関ではなく徒歩を推奨。必ず体温を計るなど工夫した。

 在宅を希望する利用者には、ルーティーンを崩して家にいると出社が難しくなることも多いため、仕事への意欲を落とさないようスタッフは朝、昼、夕と欠かさず電話をした。

 様々な工夫を凝らしても、スタッフが利用者の支援をする際の距離の近さは避けられない。感染防御資材は必要だったが、医療従事者のためにとまとめ買いはしなかった。見かねたボランティアからマスクなど資材の寄付を受け、今では一人ひとつフェイスシールドを保有できている。

 長谷川典子施設長は「感染は怖いが、生活リズムを壊さないことも重要。こんな状況だが、周りの人たちの支えを実感する」と話した。

ここに来ると安心

 高次脳機能障害などを持つ13人が通う地域活動支援センターふれんどーる絆=鶴見中央=では、チラシ封入などの請負作業や菓子の製造、販売を行っている。

 販売会が中止になるなど影響は受けたが、ほとんどの利用者が休むことなく通っている。単身者も多く、消毒液や体温計といった資材が家にない利用者もいる。

 竹越瑞枝所長は「ここがセーフティネットのようになっている人もいる」とし、利用者の一人は「感染したらと考えると怖いが、家にいるよりも、ここに来ると安心する」とこぼした。

鶴見区版のローカルニュース最新6

歴史の会が成果披露

歴史の会が成果披露 社会

愛着深める郷土史展

10月15日号

ズームの使い方学ぶ

リハビリを花で応援

リハビリを花で応援 社会

田口園芸 東神奈川リハ病院に花壇

10月15日号

「人生会議」考える

「人生会議」考える 社会

 在宅ケア勉強会 参加募集

10月15日号

1千人三線の参加者募集

鶴見ウチナー祭

1千人三線の参加者募集 文化

配信時に写真でコラボ

10月15日号

みんなにヨガの楽しさを

みんなにヨガの楽しさを 社会

区内在住紙谷さん 視覚障がい者へ講座

10月15日号

レストラン「ビアポート」

新ランチメニューにテイクアウトも登場!!キリンビール横浜工場併設

http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク