鶴見区版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市 旧上瀬谷計画で説明会 市がテーマパーク構想

社会

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena
瀬谷区で1日に行われた説明会
瀬谷区で1日に行われた説明会

 旧上瀬谷通信施設(瀬谷区、旭区)で計画されている土地区画整理と都市高速鉄道上瀬谷ラインの環境影響評価に関する説明会が、8月1日から5日にかけて両区で4回開催され、合計でおよそ470人が訪れるなど関心の高さを伺わせた。

進む跡地利用計画

 2015年に米軍から返還された旧上瀬谷通信施設は約242ヘクタールと広大で、民有地や国有地が混在している。横浜市は、跡地を郊外部活性化の拠点と位置づけ、地権者などと土地利用の検討を進めてきた。

 現在の計画によれば、土地利用は「農業振興」「公園・防災」「観光・賑わい」「物流」の4ゾーンで進められる。観光・賑わいゾーンはテーマパークを核とした複合的な集客施設を整備する計画もあり、市は跡地を年間1500万人が訪れる場所にしたい考え。また、27年の国際園芸博覧会の開催に向けた取り組みも進められている。

 土地利用や花博開催に伴い計画されている上瀬谷ラインは、相鉄線瀬谷駅周辺に設ける(仮称)瀬谷駅から、跡地の(仮称)上瀬谷駅と車両基地まで約2・6Kmを結ぶ。住宅や店舗がある南区間は地下式、北区間は地表式で、軌道上をゴムタイヤで走るシステムが検討されている。供用開始は26年度の予定。

来場者から意見

 説明会は環境影響評価法などに基づき行われたもので、1日の瀬谷公会堂には約200人が来場。区画整理と上瀬谷ライン整備の工事や供用が、周辺の水や大気、生き物などに与える影響について市職員から説明があった。

 質疑応答では近隣に住んでいるという来場者などから、環状4号線や八王子街道、周辺の生活道路に渋滞が発生するという懸念や対策を求める声が上がった。また、テーマパークと新たな交通の実現性や採算性を疑問視する声が上がり、コロナ禍のなかで計画を再検討すべきという意見もあった。その一方で、長期的な視点で横浜市に活力を生み出し盛り上げていくため、事業の必要性を訴える参加者もいた。

 環境影響評価に関する両事業の方法書は9月3日まで、建築局都市計画課や市役所市民情報センターなどで縦覧できるほか、解説動画が市ホームページで公開されている。意見書の提出も同日まで。

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク