鶴見区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

横浜商大・鶴見区 地域サイトを開設 情報発信、交流の場に

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
開設された「つるナビ」の画面
開設された「つるナビ」の画面

 鶴見区内で活動する団体らが情報発信や交流するための地域ポータルサイト「つるナビ」がこのほど開設され、供用が始まった。区内団体らが参加する鶴見ネットワーク交流会の発案で、横浜商科大学と鶴見区が制作した。「地域みんなで地域のために活用できるサイト。情報を発信し合い、交流して盛り上げてもらえれば」と関係者らは話す。

 昨年、区内で活動中の30を超える団体や企業が参加して設立された鶴見ネットワーク交流会。交流の中から新たなイベントや連携事業なども生まれている。

 こうした中、街の魅力ある活動やイベントがうまく周知されていないケースや、団体や企業が連携することで新たな魅力創造のチャンスがあるなどとする声が上がり、情報を集約する場として地域ポータルサイトが実現した。

 サイトは、交流会メンバーで鶴見区と包括連携協定を結ぶ横浜商科大学が中心となり制作。11月2日に供用がスタートした。

会員登録で参加可皆で育てるサイト

 つるナビは、地域情報を一元的に区内外に発信できるWEBサイト。現状のコンテンツでは、お知らせやイベント情報、鶴見の見どころや食べどころスポットといった観光情報、地域活動団体の紹介などを掲載する。

 また、イベント開催時などのボランティアやスタッフの募集、個人や団体同士のコラボレーションを実現するためのマッチングページも制作。そのほか、公式ツイッター、フェイスブックと連携した発信もできる。

 誰でも閲覧ができ、事前に会員登録すれば、個人やホームページを持たない団体なども情報発信が可能となる。

 「鶴見のさまざまなことが、ここを見ればわかるような、地域版のヤフーを目指したい」と交流会メンバー。「様々な団体や企業、個人が活用していくことで、地域活動の活性化、交流促進につながっていくはず」と期待を込めた。

つるナビのページはこちらから
つるナビのページはこちらから

鶴見区版のトップニュース最新6

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

樹名板に二次元コード

馬場花木園

樹名板に二次元コード 文化

情報発信を強化

1月21日号

“食”で留学生など応援

“食”で留学生など応援 社会

地元企業3者がコラボ

1月14日号

「敵はコロナ」 共同でチラシ

区内個人飲食店

「敵はコロナ」 共同でチラシ 経済

鶴見中央7店 販促シェア

1月14日号

地域活性化へ“新様式”模索を

区長インタビュー

地域活性化へ“新様式”模索を 社会

前例とらわれず、区民とともに

1月7日号

石川区連長に総務大臣賞

石川区連長に総務大臣賞 社会

自治会での功績に評価

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク