鶴見区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

(PR)

東部病院インタビュー 祝日診療を推進 「地域中核の責務果たす」

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena
三角隆彦院長
三角隆彦院長

 横浜市東部地域の中核病院である済生会横浜市東部病院。開院15年目となる今年度、祝日診療を本格化させている。「一歩先の医療を提供するため、常に進歩しなくてはならない」と語る三角隆彦院長に話を聞いた。

 同院は今年度、7日間の祝日診療を実施中だ。導入は「今後も高まりが予測される地域の医療ニーズに応えるため」。これにより、入院を待機する期間が短くなり、効果的な医療提供などにもつながるという。三角院長は「結果を検証しながら、全祝日に広げるなどしたい」と話す。

 また、病床数の確保も大きな理由。急性期病院として救急患者を受け入れる同院では、「平均すると毎日一人以上、入院できず、他院に転送している状況」とする。

 その上、コロナ禍でさらに病床数の確保が必要となる中、祝日に手術を行うことで診療の機会を増やし、中核病院としての機能を強める考えだ。

 「出来る限り利便性を高めるため努力する」と三角院長。鶴見区内でもワクチン接種が進んでいる現状を踏まえ、「一般診療の需要喚起や態勢回復に努めていく」と意気込んでいる。

※祝日診療日は一部休診する科目もあるため、事前にホームページ等での確認が必要

済生会横浜市東部病院

横浜市鶴見区下末吉3-6-1

TEL:045-576-3000

http://www.tobu.saiseikai.or.jp/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

「処分する前にお電話を」

おたからや

「処分する前にお電話を」

特典多数、出張買取も無料

11月25日号

ふるさと納税セミナー

ふるさと納税セミナー

年末駆け込みもOK!ポイントと注意点を解説

11月25日号

四季の風景をカレンダーで

四季の風景をカレンダーで

県立公園などで販売中

11月25日号

年内剪定ご予約はお早めに

年内剪定ご予約はお早めに

庭木の手入れは今がベスト

11月25日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

冬温かく夏涼しい「ガイナ」

外壁塗装のお悩み相談室【5】

冬温かく夏涼しい「ガイナ」

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook