鶴見区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

地域福祉保健計画 まちづくりの種素案まとまる 意見求む

社会

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

 誰もが安心して健やかに暮らせる地域づくりを目ざすための「鶴見区地域福祉保健計画」(鶴見あいねっと)の第4期素案が、このほどまとまった。区は策定に向け、12月28日まで区民意見を募集している。

 地域福祉保健計画は、2000年の改正社会福祉法にともない、市町村での策定が定められた地域福祉計画がもとになっている。

 少子高齢化や、核家族、単身世帯の増加といった変化を背景に、多様化する生活課題解決に向け、住民や事業者、公的機関が支えあう仕組みづくりの指針とすることがねらいだ。

コロナで1年遅れ

 市全体の計画をもとに区別の全体計画が作られ、さらに地区別計画で構成される。

 鶴見区では、区計画を「鶴見あいねっと」と呼び、5年1期で05年3月に第1期がスタート。連合町内会単位で18の地区別計画も策定している。

 策定にあたり、区民や福祉、学識関係者などによる検討が進められてきたが、コロナ禍でたびたび中断。本来は、今年度から計画が始まる予定だったが、1年延長を余儀なくされた。

 区によると、緊急事態宣言などにより、課題を抽出する地区での話し合いも進まず、アンケート形式にするなど工夫しながら進めてきたという。

活動の事例も

 計画は、地域課題を解決するまちづくりの指針。4期の理念は「たすけあい・支えあい・人と人のネットワーク」とし、3期から継続する。

 理念実現のため、「交流」「支えあい」「健康」などをキーワードとする推進の3本柱を設定。区全域に共通して必要なものとして、「人材」「相互理解」「場・機会」という推進の土台を今回初めて示した。

 さらに、「読んで理解するだけでなく、一歩踏み出してもらえるように」と、個人や地域で始められる活動を「種まき」として事例を盛り込んでいる。

 意見募集は12月28日まで。素案は区役所2階福祉保健課、区社会福祉協議会、各地域ケアプラザ等で配布。区ホームページにも掲載され、電子申請も可能。「誰もが関係するもの。生活の中での相談や意見など、どんな内容でも寄せてほしい」と区は話す。計画は寄せられた意見をもとに、今年度末の策定を目ざす。

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見と沖縄の繋がり語る

鶴見と沖縄の繋がり語る 文化

鶴見大学で公開セミナー

5月26日号

間瀬さんが区長を表敬訪問

岸谷在住

間瀬さんが区長を表敬訪問 スポーツ

ブレイキン五輪強化選手に

5月26日号

「祈り」のコンサート

「祈り」のコンサート 文化

5月29日、サルビアホール

5月26日号

口腔ケアや栄養支援学ぶ

口腔ケアや栄養支援学ぶ 社会

鶴見ケアマイスター研修

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月26日号

超高齢者の受療行動を調査

横浜市立大学

超高齢者の受療行動を調査 社会

市内75歳以上と比較

5月26日号

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook