鶴見区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

横浜市 オンライン化推進に本腰 行政手続の利便性向上へ

社会

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はDX(※注)の推進に向け、市民の利便性向上や魅力あふれる都市づくりを目的に「横浜DX戦略」の素案をこのほど策定した。行政手続のオンライン化を一層進める方針だが、同時にデジタル機器に不慣れな高齢者等へのサポートも求められそうだ。

 市は行政手続(一部除く)の年間受付件数、約1900万件の9割程を占める上位100手続を、2024年度末までに100%オンライン化する方針を示した。総務省公表の「通信利用動向調査」では個人のスマートフォン保有状況が7割を超えていることなどから、市は多岐に渡る行政手続をオンライン化し、窓口業務の負担減や申請者の待ち時間短縮などを図りたいとしている。

 上位100手続の内、件数の最も多い「図書の予約申し込み(310万件)」や「各種市民利用施設の利用予約申請(220万件)」等の31手続は21年度末までにオンライン対応済の状況だ。

「支援策の検討を」

 市が掲げた100手続の中には「住民票の写し」や「戸籍全部・個人事項証明書の交付請求」など、マイナンバーカードを使ったシステムも少なくない。国の方針に従い今年度中に市は、同カード取得率に関し、概ね100%を目指すとしているが、6月1日時点で49・1%(総務省統計)と半数が未取得だ。また、特に高齢者の中にはスマートフォンやタブレットを持っていない市民もいることからデジタルとアナログ対応のバランス感が求められる。

 ある連合町内会長はデジタル化には賛成とした上で「使えない人へのサポートも検討してほしい」と話す。市担当者は「オンラインも従来の窓口対応も選択できるようにするのが基本的な考え方」とし、スマホを持たない人に向け「地区センターなど身近な拠点で申請できるような取組みを検討している」と語る。

 市は9月末頃を目途にDX戦略を策定する方針で、7月下旬から市民意見募集を実施する。

(※注)DX…デジタルトランスフォーメーションの略。デジタル技術を用いてさまざまな課題を解決し、新たな価値を生み出す変革のことを指す。「横浜DX戦略」の素案では、オンライン化により行政手続などで市民や職員が費やす労力(時間)の削減を掲げる。

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

児童が「下小音頭」を制作

下末吉小学校

児童が「下小音頭」を制作 教育

地域と繋がり復活目指し

8月11日号

女子中学生の継続後押し

横浜サッカー協会

女子中学生の継続後押し スポーツ

リーグ2年目 人口底上げへ

8月11日号

9年ぶり全国の舞台へ

鶴見リトルシニア

9年ぶり全国の舞台へ スポーツ

強豪下し、推薦勝ち取る

8月4日号

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

難民の子どもたちに服を

生麦小

難民の子どもたちに服を 教育

児童が寄付呼びかけ

7月28日号

不登校児の学習支援 拡充

横浜市

不登校児の学習支援 拡充 教育

オンライン教材を活用

7月28日号

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook