神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年6月15日 エリアトップへ

シニアがダンスバトルで躍動 鶴見区のダンススタジオで大会

スポーツ

公開:2024年6月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
キレのあるダンスを披露する参加者
キレのあるダンスを披露する参加者

 ヒップホップなど、ストリートダンスは若者のものだけではない――。鶴見区のダンススタジオWAAAPSでこのほど、48歳以上を対象としたダンスバトル大会が開かれた。

 通常のダンスバトル大会では、10代から30代が主な参加層。しかし、「仕事や年齢制限などで30代以降にダンスをやめてしまう人が多い。将来を見据えて、生涯ダンスを楽しめる環境を作れたら」と、同スタジオの相澤竜太さんがシニア向けの大会を今年2月から実施。全国的に見ても定期的にシニア向けの大会を実施するのは珍しいという。相澤さんは「あえてシニアという言葉を使わず、『オーバーエイジ』と呼んでいる。鶴見から文化として定着させ、広めることができれば」と意気込みを語る。

参加者最年長は67歳

 2回目の実施となった今大会では、全国から6人のダンサーが参加。最年長は67歳。愛知県からの参加者(56)は「家の近くでは、観客がいる環境でダンスを披露する機会がないので嬉しい」と話した。

 演技では、年齢を感じさせないキレのある動きや大技、昭和を彷彿とさせるディスコ風のダンスなどを披露して、会場を沸かせた参加者たち。優勝した鰕原潤さん(58)は「高校生までダンスをしていて、30歳でまた1から始めた。多くの観客の前でまたダンスができて本当に楽しかった」と笑顔で語った。

 

鶴見区版のローカルニュース最新6

横浜・大佛次郎記念館が猫の写真を募集中

横浜・大佛次郎記念館が猫の写真を募集中

11月23日まで、25年の「ねこ写真展」で展示

7月23日

横浜市営バス車内で寝過ごした運転手 減給処分

横浜最古の神輿が練り歩く

横浜最古の神輿が練り歩く

鶴見神社 28日に大神輿渡御

7月20日

能登復興支援で物産展

能登復興支援で物産展

豊岡商店街で27、28日

7月20日

正しい自転車の乗り方を実演

正しい自転車の乗り方を実演

死亡事故受け、区が安全教室

7月20日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook