神奈川区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

市教育委員会初の中国語対応嘱託員 刘 丹(りゅうたん)さん 横浜市在住 41歳

日中の架け橋になりたい

 ○...近年、市立小中学校で急増する外国人児童・生徒への対応が課題となっている。中でも、中国語を母国語とする児童生徒は869人(平成22年度)。この数は20年間で倍増しており、外国人の約36%を占める。こうした状況を踏まえ横浜市教育委員会は6月1日、中国語対応嘱託員を初雇用した。「習慣の違いで誤解されることもある。あいさつなどの基本的なルールを教え、早く日本の生活になれてほしい」。英語3人、スペイン・ポルトガル語1人とともに外国人の対応にあたっている。

 ○...中国の遼寧省丹東市出身。名前は土地に由来している。「北朝鮮と接する自然豊かな環境で育った。小学校の恩師の影響で教師になるのが夢だった」。大連市もあり、歴史的に日本と関係が深い土地柄。中高の第1外国語は日本語だった。大学院まで日本語学を専攻。卒業後は、母校の大学で教鞭をふるっていた。青年教師12人に選ばれ、日中交流プログラムの一環として来日、横浜を拠点に3ヵ月間の短期留学も経験。「横浜は高層ビルばかりのイメージだった、自然が多くてきれいな街だった」。

 ○...夫は学生時代の通訳のバイトを通じて出会った。結婚を機に横浜へ移住。中学生の娘2人に恵まれ、横浜市が主催する日本語教室の講師として働いていた。「困っている子どもたちが沢山いる。もっと間口を広げたかった」と、嘱託員に応募。難関をくぐりぬけ、採用が決まった。「信じられなかった。自分の子どもに接するように、親身に対応していきたい」。

 ○...テニススクールに通い、汗を流すのが息抜き。モットーは「誠心誠意やること」。中国人の保護者は言葉が分からないため、学校から遠ざかる傾向にある。「日本語講師としての経験があるので、課題は分かっているつもり」と自負する。「小中学校は学びの一番大切な時期。子どもたちの立場で日中の橋渡しをしていきたい」と抱負を語った。

神奈川区版の人物風土記最新6件

小川 正さん

精華小学校の元校長で、子どもに寄り添う教育理念を1冊にまとめた

小川 正さん

3月15日号

菊田 敬祐さん

「ビールヨガ」インストラクターとして、ヨガの普及に尽力する

菊田 敬祐さん

3月8日号

齋田 博樹さん

JA横浜直営直売所で「ひなまつり」イベントを開催する

齋田 博樹さん

3月1日号

大内 えりかさん

環境カウンセラーとして資源の大切さを伝える活動を続ける

大内 えりかさん

2月22日号

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク