神奈川区版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川総合高校 文化祭で津別町と交流 修学旅行先の農家らが出店

ジャガイモや玉ねぎが並び、試食も行われた
ジャガイモや玉ねぎが並び、試食も行われた

 神奈川県立神奈川総合高校(佐藤信行校長)で9月22日・23日に行われた「第18回翔鴎祭」に、修学旅行の酪農体験などで交流が生まれた北海道網走郡津別町の農家らが出店した。地元産のジャガイモや玉ねぎなどを販売するなど、津別町のPRを行うとともに生徒らとの再会も果たした。

 当日は矢作農場の矢作芳信さんと川瀬ファームの川瀬保子さん、JA津別の柴山香織さん、津別町役場の平河裕康さんの4人が集まり、現3年生が昨年の修学旅行の体験記録などをまとめた展示教室に出店。津別産のジャガイモや玉ねぎの販売、地域限定のオーガニック牛乳の試飲などを行った。学校関係者や文化祭に訪れた人が教室内の展示を見たり、ジャガイモを試食しながら矢作さんたちの話に耳を傾ける姿もあり、オーガニック牛乳の試飲がお昼頃にはなくなってしまうほど盛況だった。

 同高校では、昨年から「研修旅行」の7コースに津別町を加えた。市内の他校が修学旅行で北海道の酪農家に泊まって酪農体験をしていることにヒントを受け、津別町の酪農・農家に受け入れてもらった。当時の校長らが「文化祭でも一緒に何かできれば」と提案。半年ほど前から計画を始め、今回の出店に至った。

 道東地方にある津別町。人口は現在6千人を切っており、高齢者が増え後継者となる若者が少ないという課題を持つ。矢作さんは「このような交流の機会を通して、たくさんの人に津別の応援団になってほしい」と思いを語った。

 明日からは現2年生が研修旅行に出発する。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク