神奈川区版 掲載号:2013年5月9日号 エリアトップへ

地域作業所 「カフェペガサス」が10周年 手作りメニューを地域に

掲載号:2013年5月9日号

  • LINE
  • hatena
営業に携わるスタッフ
営業に携わるスタッフ

 反町にある「cafeペガサス」が、8月で10周年を迎える。

 同店は、精神障害者の働く場として10年前にオープン。食事メニューの提供の他、内職で作ったちぎり絵などの作品も販売している。運営しているのはNPO法人「精神保健福祉を推進する神奈川区の会」。同法人は、松本商店街にも洋服やパウンドケーキなどの焼き菓子などを販売する「青桐茶房」を構えている。

 ペガサスのスタッフは総勢40人。1日約15人が調理から接客まで担当する。メニューはカレーやサバの味噌煮といった食事メニューの他、ケーキなどのデザートやドリンクも提供。ほとんどのメニューを仕込みからスタッフが行っており、リーズナブルな値段以上にボリュームがあるため地元客からも人気だ。「10年あっという間だったが、地域に定着したことを実感している。ホットケーキは季節の味も作っていて、みんなで試作しながら決めています」と荒井史野施設長。また、同店のコーヒーは、東日本大震災の被災地・岩手県の作業所から送られてきたコーヒー豆を使用している。スタッフの佐藤優さんは「コーヒーやごはんを美味しいと言ってもらえると嬉しい」とやりがいを感じている。

ボトルキャップ支援も

 店頭では4〜5年前から、他作業所と協力してペットボトルキャップの回収にも取り組んでいる。これまでにワクチン2千人分に値する161万個のキャップを送っている。

 営業は午前9時から午後5時まで(土日祝、第1・3金曜日は休み)。(問)【電話】045・323・6656
 

神奈川区版のローカルニュース最新6

認知症理解へ 冊子制作

認知症理解へ 冊子制作 社会

六角橋中心に啓発広がる

5月19日号

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

定例会も開会中

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

開催概要を発表

横浜音祭り

開催概要を発表 文化

約250のプログラムを展開

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

横浜大空襲から平和学ぶ

横浜大空襲から平和学ぶ 社会

関内ホールで戦争展

5月19日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook