神奈川区版 掲載号:2016年1月14日号 エリアトップへ

多様なスキルを持つ子育て中の女性が集まる「地区わJob」で代表を務める 石川 澄江さん 六角橋在住 41歳

掲載号:2016年1月14日号

  • LINE
  • hatena

「ママの輪」形づくる

 ○…”神奈川区にHAPPYを!子育てHAHAの好きを仕事に”をテーマに、さまざまなスキルを持つ子育て中の女性24人が集まる「地区わJob」。その代表として2012年の発足以来、区内各所でのイベント協力や企画運営などに奔走する。今月からは、片倉町のマンションギャラリーを会場に、フラワーアレンジや足ツボ体験などのイベントをスタートさせた。自身もソーイングの講師として参加。「親子はもちろん、夫婦でもぜひ遊びに来てほしい」と張り切る。

 ○…地元は三浦。「干してあるワカメを引っ張ったり、漁船に乗って怒られた」というおてんば娘だった。県立横須賀高校に入学すると、体育祭や文化祭、交換留学など高校生活を満喫。進学校で知られるが、和裁師である母の背中を追うために服飾の専門学校へ進学した。衣服ができる最初の工程「型紙づくり」に興味を持ち、パタンナーの道へ。紳士服や婦人服のメーカーで腕を磨いた。

 ○…長女の入園グッズづくりをきっかけに、裁縫教室やオーダー作品製作のための「ソーイングママズクラブ」を発足。その後、同じくハンドメードを得意とする仲間とともに立ち上げた交流サークルが、ジャンルにこだわらない「地区わJob」へと進化した。「異業種だからこそ、新しい発見や学びがある」と目を輝かせる。昨年は、大口通商店街でNPO法人が運営した期間限定サロンの企画運営にも携わった。「より地域とのかかわりが深くなり、活動の幅が広がった」と成果を実感している。

 ○…普段はインドア派だが、冬になれば2人の子どもと家族4人でスキーに出かけるのがお決まり。これまで地区わJobの活動は夫に内緒にしていたが、「ある日、郵便物でばれちゃって。この取材を機にすべて白状した」と笑う。将来的には仕事復帰を考えているようで、「いつか母みたいに老眼鏡をかけて針を持ちたいなあ」と微笑んだ。

神奈川区版の人物風土記最新6

塚本 幸治さん

選手を中心に考える学童野球の枠組みを考案した

塚本 幸治さん

神奈川区在住 43歳

5月13日号

鈴木 正基(まさき)さん

4月から自主団体として独立した「はれ晴れウォーク」の代表を務める

鈴木 正基(まさき)さん

六角橋在住 71歳

5月7日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月22日号

日比野 政芳さん

神奈川区長に就任した

日比野 政芳さん

南区在住 56歳

4月15日号

秋本 剛さん

神奈川警察署長に就任した

秋本 剛さん

新浦島町在住 56歳

4月8日号

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

地域情報を発信するサイト「神大寺ナビ」を手掛ける

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

神大寺在住 41歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter