神奈川区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

白楽に構える古書店で個展などのイベントを仕掛けている 細川 克己さん 西区在住 40歳

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

「本」通じて「人」つなぐ

 ○…ガラス戸の向こうをのぞくと木目の棚や椅子に古書が並び、まるで北欧の雑貨店のような空間が見える。「だいたい4000冊弱。ファッション、美術、音楽、国内外の文学書などを置いている」と、奥にある畳の間に座って説明する。2014年に六角橋商店街で古書店「Tweed Books」を開き、昨年7月に白幡身代り地蔵のとなりに移転。陶器店兼ギャラリーだった間取りを生かし、個展や編み物教室などのイベントを次々と仕掛ける。

 ○…保土ケ谷区出身。「昔から人の目を引きたがる性格」という言葉を裏付けるように、高校では友人とバンドを組み、ドラムを叩いて女子生徒の熱視線を集めた。しかし「中身のない自分がコンプレックスだった」と進路を考えるようになり、ニーチェに魅了されて上智大哲学科に進学。勉学の傍らアルバイト代をすべてレコードに使ってしまい、就職活動をする電車賃すらなく大学院へ。6年間、哲学の勉強に明け暮れた。

 ○…いよいよ就職した新刊書店で妻と出会い結婚。その後出版社に勤務したが、激務で体調を崩してしまう。そんなとき、ふと谷根千の一箱古本市に参加。「お客さんと語り合い、手から手へと本が渡る体験に”店を構えるのは楽しいだろうな”と感じた」。会社を辞め、縁あって白楽に店を構えた。店内イベントは思いつきだったが、店を訪れた客から「個展を開きたい」と依頼されることも多い。2月には、個展のほか「TATAMI JAZZ」と題して、レコードを流しながら自ら語るイベントも企画している。

 ○…自分の店を持ち、視野が広がった。「休みの日も、”みんなはどんな本が好きだろう””どんなふうに陳列したらいいだろう”と考えるようになった」。子どものうちから紙に触れる機会を作りたいと、絵本も置くようにした。「本に出会う『ドキドキ』感と『落ち着く』空間を提供できる場にしていきたい」

神奈川区版の人物風土記最新6

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月22日号

日比野 政芳さん

神奈川区長に就任した

日比野 政芳さん

南区在住 56歳

4月15日号

秋本 剛さん

神奈川警察署長に就任した

秋本 剛さん

新浦島町在住 56歳

4月8日号

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

地域情報を発信するサイト「神大寺ナビ」を手掛ける

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

神大寺在住 41歳

4月1日号

町田佳子さん

横浜市内唯一のワイナリー「横濱ワイナリー」の代表、醸造家

町田佳子さん

横浜市在住 

3月25日号

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区在住 62歳

3月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

保土ケ谷で大会

全日本プロレス

保土ケ谷で大会

4月28日~4月28日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter