神奈川区版 掲載号:2016年3月17日号 エリアトップへ

桐畑在住川口さん 反町カフェで写真展 趣味通じ兄夫婦と企画

文化

掲載号:2016年3月17日号

  • LINE
  • hatena

 クアトロハーツカフェ=反町1の6の6=で3月20日まで、写真展「川口家」が開かれている。桐畑在住の川口秀樹さん(34)と兄・裕樹さん(39)、裕樹さんの妻・道子さん(37)の”川口家”が、共通の趣味である写真をきっかけに企画した、家族で初めてとなるグループ展だ。

 写真展には、川口家の3人が「時間」をテーマに撮影した作品約30点を展示。国内外のさまざまな情景からそれぞれが思うままに切り取った「時間」が店内を彩っている。

 「家族みんな写真好きなら、”川口家”として写真展をやりたいね」。同店での開催が決まったのは昨年11月。3年前のオープン当初からの常連客である秀樹さんが、老若男女が利用していることやゆったりくつろげる空間を気に入り、店主の堀江充さんに話を持ちかけた。同店が写真展を開くのは初めての試みだったが、堀江さんは「店の雰囲気にも合うほっこりする作品だったので、すぐにでもやってほしいとお返事した」と話す。

「家族っていいなと感じてほしい」

 3人とも写真が趣味となった時期やきっかけもばらばら。介護の仕事をしている秀樹さんの写真歴は1年ほど。外出できない利用者に季節を感じてもらおうと県内の写真を撮り始めたのがきっかけだ。「おばあちゃんたちは辛口評価」と苦笑いする。フリーライターの裕樹さんは、東日本大震災や父の死をきっかけに「記憶を記録しよう」とカメラを手にした。道子さんは東京・世田谷でフランス雑貨店を営んでおり、ホームページに載せる写真の質を上げたいと写真教室に3年通っていた。

 「写真は素人でも気軽に楽しめることはもちろん、家族に共通の趣味があると絆が深まること、”家族っていいな”と感じてもらえたら」と笑顔をみせる3人。神奈川区をテーマに地元の人とまち歩きをして写真展を開くなど、既に今後のアイデアも出ている。写真展の詳細は同店【電話】045・620・8877へ。

神奈川区版のトップニュース最新6

「日本の顔になる」

横浜FC斉藤光毅選手

「日本の顔になる」 スポーツ

令和時代の怪物候補

5月16日号

紙芝居上演10周年

菅田町在住杉田さん(76)

紙芝居上演10周年 文化

岸根公園で毎月1回

5月16日号

阿部さん、全国水泳2冠

セントラル横浜

阿部さん、全国水泳2冠 スポーツ

11-12歳100m背、200m個メ

5月1日号

羽沢新駅 11月末開業へ

羽沢新駅 11月末開業へ 社会

都心アクセス向上

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

4月25日号

「ワンコイン見守り隊」発足

西菅田団地

「ワンコイン見守り隊」発足 社会

ゴミ出し支援で安否確認

4月25日号

六角箸がエントリー

ガチハンバーグ

六角箸がエントリー 経済

6月1日から投票開始

4月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク