神奈川区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

”ハマの湯”の未来は【3】 自由な発想で銭湯守る

社会

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
清水湯の入り口に立つ高橋さん
清水湯の入り口に立つ高橋さん

 「銭湯は入浴する場所」。そんな既存の考えにとらわれない取り組みを行う銭湯がある。鶴見区潮田(うしおだ)の角地に佇む清水湯は、1949年創業。戦前は映画館だったという外観は”古き良き昭和の銭湯”を思わせる。

 清水湯の3代目・高橋政臣さん(39)は6年前、父親から閉店の話を聞き、「どうせ無くなるのであれば、自分が関わり、納得してからにしようと思った」と引き継ぐことを決めた。自身も周りも、当初は続いて2、3年だと考えていたという。

 「銭湯もある意味会社。経営状況は無視できない」。継ぐと同時に、銭湯と隣接する実家で「銭湯シェアハウス」を始めた。現在は大学生や夫婦など9人が住み、日常的に銭湯を利用する。「イメージは下宿で自分が大家。銭湯には昔から住み込みで働いている人がいたので、共同生活には相性が良いんです」。シェアハウスは「経営を支える事業の一つ」と淡々と語る。

 このほか、本物の桜を浴場内に設置する花見イベントや「銭湯BAR」など、斬新な企画が話題を呼んできた清水湯。中にはイベントの知らせを聞きつけ、東京から足を運ぶ人も。「花見は約130人の集客があり、イベントとしては良かった。ただ、地元の人たちには入りづらさがあったかもしれない」と振り返る。面白がって見守ってくれる人がいる一方で、「今まで通りで良い」という声があるのも事実だ。「地元のためになることは何か、最近よく考える」と高橋さん。駅から離れているという立地や、どんな人に来てもらいたいかなどを考慮し、企画の必要性を改めて考えた。「銭湯は町のもの。やりたいこととのバランスが重要。地元の他業種の人たちと関わる機会が増えれば、視点が広がるかもしれない」と、銭湯業界の枠を超えた交流にも意欲的だ。

 長年、町の憩いの場となってきた銭湯。地域に合った「町の銭湯」としてのあり方を見つけ、いかに魅力を伝えるか。今後の各店の取組に期待がかかる。(了)

特撰手織絨毯展 10月30日~

ルームズ大正堂 新横浜店で人気のギャベ・ペルシャ絨毯など300点以上展示

https://www.rooms-taishodo.co.jp/sale/teori.html

<PR>

神奈川区版のローカルニュース最新6

身近なまち、親子で探検

身近なまち、親子で探検 社会

大神商店会 発足後初の催し

10月29日号

受診控え解消へ無料相談

済生会神奈川県病院

受診控え解消へ無料相談 社会

イオンにブース設置

10月29日号

懐かしの写真募集

懐かしの写真募集 文化

大口1番街

10月29日号

白幡初の地域カフェ

白幡初の地域カフェ 社会

11月から一般開放

10月29日号

地元野菜で商品開発

横浜スイーツ&カフェ専門学校

地元野菜で商品開発 教育

JA横浜とのコラボで

10月29日号

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 文化

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク