神奈川区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

六角橋東町内会の新会長として活動する 桑原 耕二さん 六角橋在住 45歳

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

町内会の若きリーダー

 ○…このほど行われた町内会の一大イベント・杉山大神の例大祭。この地域の町内会長が伝統的に兼任してきた氏子総代として初めて参加した。「地域に根付いた祭りを誇りに思う」と感慨深げ。45歳という若さでの大役抜擢に「自分なんかで申し訳ない」と謙遜するが、「守る」をテーマに「伝統だけでなく、防犯や防災など命を守る仕組みづくりを充実させたい」と意気込む。

 ○…東京都葛飾区で生まれ育った。「自営業を営む親を見て、自然に人と人とのつながりの大切さを学んだ」。釣り好きの父の影響から海に憧れ、海洋科のある伊豆大島の都立高に進学した。「田舎なのに品川ナンバーの車ばかり走っている」と笑う。航海士をめざす生徒が集まる寮は、寮生自ら管理運営に関与する「自治寮」だ。数カ月間にわたり遠洋航海に出た経験もある。「ミクロネシアで釣り上げたマグロの味は忘れられない」。こうした団体生活を過ごした学生時代の経験が、約700世帯の町内会をまとめ上げる素地になっていることは間違いない。

 ○…高校卒業後、船のプロペラを製造する会社に就職した。「全てがオーダーメイド。一つしかないものを作り上げる楽しさと苦しさがある」と仕事の醍醐味を話す。結婚を機に六角橋へ。「商店街も活気があり住みやすいですよ」。マンションの町内会担当理事をきっかけに地域デビュー。スポーツ推進委員として10年が経った。

 ○…現在は運動会に向けて準備中。こうしたイベントを通じて、町内のつながりを強くしていく方針を掲げる。「受験勉強の息抜きに小6の息子にも参加してほしい」と本音もチラリ。「いずれは妻の故郷である小豆島で海を眺めながら暮らしたい」。それまでは地域に尽くすつもりだ。

神奈川区版の人物風土記最新6

伴 敬子さん

アニマルセラピー団体「フレンド・ワン」の代表を務める

伴 敬子さん

沢渡在住 77歳

3月26日号

小倉 勝十さん

「まち×学生プロジェクト」の立ち上げから尽力した

小倉 勝十さん

神奈川大学4年 22歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

松見町在住 36歳

3月5日号

志駕 晃(しが あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しが あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月27日号

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク