神奈川区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

お母さん業界新聞 活動30周年で「横浜版」創刊 「母の力、地域に生かしたい」

経済

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
手掛けた新聞を持つ植地編集長
手掛けた新聞を持つ植地編集長

 子育て支援事業を行う(株)お母さん業界新聞社(藤本裕子代表)=大野町=が、活動30周年を記念して「お母さん業界新聞 横浜版」をこのほど創刊した。

 同社は、2008年に全国版を発行して以来、ちっご(福岡)・静岡・大阪などエリア版も展開してきた。全国的な組織となる中で、本部のある横浜での活動にも力を注ごうと、節目の年である昨年10月に「横浜版」を立ち上げ、以来月1回のペースで刊行している。

 新聞記事の編集などを行うのは、子育てママを中心とした5人と、読者であり記事も手掛けるお母さん大学のメンバー約20人。各自が興味のある内容を自宅で原稿にまとめ、SNSやWEBなどの連絡ツールで情報共有しながら、紙面に掲載している。

 横浜版編集長の植地宏美さん=人物風土記で紹介=は「お母さんたちがペンを持って、子育てしながら発信し、地域をつなげていく新聞です。興味のあることや日常のちょっとした一コマを記事にする、お母さん記者を募集しています」と参加を呼び掛ける。問い合わせは同社【電話】045・444・4030。

これまでに発行された紙面
これまでに発行された紙面

神奈川区版のローカルニュース最新6

放課後キッズらの作品展

放課後キッズらの作品展 文化

区役所別館で開催中

2月13日号

新入児童に「光るお守り」

新入児童に「光るお守り」 社会

日産自が反射材寄贈

2月13日号

犯罪被害者支援に感謝状

犯罪被害者支援に感謝状 社会

神福協らの助成に対し

2月13日号

防火川柳に3作品

「こぶし」はいつ咲く?

福祉の仕事身近に

工作や調理を体験

工作や調理を体験 社会

ボーイスカウトら50人参加

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク