神奈川区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

一針一針、雑巾ちくちく―― 認知症対応デイ 機能訓練に裁縫活用

社会

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
雑巾を縫う利用者
雑巾を縫う利用者

 六角橋の認知症対応型デイサービス「スペースひだまり」では、裁縫を活用して利用者の機能訓練に取り組んでいる。

 通所している利用者は70〜90代の女性が中心で、針仕事に慣れている人も多いことから、心身機能の維持を目指して昨秋から実施。自由な縫い方で構えずに楽しんでもらおうと、「雑巾プロジェクト」と銘打ち手縫いの雑巾作りを行う。

地域交流にも一役

 利用者は若い頃に培った裁縫技術を生かし、毎朝45分ほどの時間でそれぞれが思い描く柄を慣れた手つきで縫い上げていく。一針一針丹精を込めて作った雑巾は、近隣の地域ケアプラザに寄贈しているほか、来所した人が自由に持ち帰ることができるよう施設の玄関先にも置いている。

 SNSで取り組みを知った人から生地のタオルが送られてきたこともあるといい、雑巾プロジェクトには利用者の機能訓練だけでなく、地域との交流という思わぬ効果も。施設を運営する「つながり」の代表で、社会福祉士・認知症予防専門士の神馬幸子さんは、「利用者さんが昔からやってきたことの中から、今でもできることをスタッフが見極め、自信につながるものを楽しんでもらえたらうれしい」と話している。

施設の玄関先で無料配布する
施設の玄関先で無料配布する

神奈川区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

渾身の1枚 一堂に

県民センターで写真展

渾身の1枚 一堂に 文化

7月2日号

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8%

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8% 社会

県、実態調査の結果公表

7月2日号

医師が感染症対策を講話

医師が感染症対策を講話 社会

「接触・飛沫・3密避けて」

7月2日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

コロナ社会どう生きる 県医療危機対策統括官 阿南英明医師

「新しい社会の形」追求を 社会

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク