神奈川区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

一針一針、雑巾ちくちく―― 認知症対応デイ 機能訓練に裁縫活用

社会

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
雑巾を縫う利用者
雑巾を縫う利用者

 六角橋の認知症対応型デイサービス「スペースひだまり」では、裁縫を活用して利用者の機能訓練に取り組んでいる。

 通所している利用者は70〜90代の女性が中心で、針仕事に慣れている人も多いことから、心身機能の維持を目指して昨秋から実施。自由な縫い方で構えずに楽しんでもらおうと、「雑巾プロジェクト」と銘打ち手縫いの雑巾作りを行う。

地域交流にも一役

 利用者は若い頃に培った裁縫技術を生かし、毎朝45分ほどの時間でそれぞれが思い描く柄を慣れた手つきで縫い上げていく。一針一針丹精を込めて作った雑巾は、近隣の地域ケアプラザに寄贈しているほか、来所した人が自由に持ち帰ることができるよう施設の玄関先にも置いている。

 SNSで取り組みを知った人から生地のタオルが送られてきたこともあるといい、雑巾プロジェクトには利用者の機能訓練だけでなく、地域との交流という思わぬ効果も。施設を運営する「つながり」の代表で、社会福祉士・認知症予防専門士の神馬幸子さんは、「利用者さんが昔からやってきたことの中から、今でもできることをスタッフが見極め、自信につながるものを楽しんでもらえたらうれしい」と話している。

施設の玄関先で無料配布する
施設の玄関先で無料配布する

神奈川区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

セブン4店舗に回収機

ペットボトルリサイクル

セブン4店舗に回収機 社会

5月7日号

利用者1割「メタボ改善」

ウォーキングポイント

利用者1割「メタボ改善」 社会

市、昨年の利用状況発表

5月7日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

5月7日号

砂田川をスイスイ

砂田川をスイスイ 文化

鯉のぼり100匹群泳

5月7日号

神奈川区内事故発生状況(3月後半)

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter