神奈川区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

絵日記からリユース瓶へ 市資源リサイクル事業協同組合

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
リユース瓶を持つ栗原副理事長
リユース瓶を持つ栗原副理事長

 横浜市資源リサイクル事業協同組合は、市内のリサイクル業者(古紙、金属、瓶、古繊維)119社から成る団体。CSR(企業の社会的責任)としてリサイクルの啓発や社会貢献活動などを行っている。

  「環境絵日記」と呼ばれる取り組みは、2000年からスタート。「環境問題について考えてもらうきっかけに」と市内の小学生を対象としているこの活動は、当初1千点ほどだった応募数が19年度には約2万点に。題材も「リサイクル」から「環境に優しい街にしたい」といった変容を見せているという。

 環境絵日記が広がりを見せる中で、14年の応募作品をヒントに始まったのが「横浜リユースびんプロジェクト」。独自に開発した瓶を回収、洗浄、再利用することで循環を実現するだけでなく、中の飲料も市内産の果物を使用して地産地消に貢献している。

 同組合は3月、SDGs達成に向けて活動する企業などを横浜市が認証する「Y─SDGs」の認証事業者に登録された。栗原清剛副理事長は「我々の事業自体がSDGsにコミットしている。2030年に向けて市民の先頭に立ち、横浜をより良い街にしていきたい」と意気込んだ。

神奈川区版のコラム最新6

リユース、SDGsの第一歩

電線提供など幅広く貢献

電線提供など幅広く貢献

メルビック電工(株)

5月20日号

絵日記からリユース瓶へ

絵日記からリユース瓶へ

市資源リサイクル事業協同組合

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

4月22日号

安心・安全・安定軸に次代へ

安心・安全・安定軸に次代へ

 三基 30周年/白幡南町

12月24日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter