宮前区版 掲載号:2011年7月15日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災チャリティコンサートを開くサカモト・ミュージック・スクールの校長 坂本博士(ひろし)さん 東京都在住 79歳

出会いこそが音楽の力

 ○…今月30日(土)と31日(日)、校長を務めるサカモト・ミュージック・スクール鷺沼校で東日本大震災チャリティコンサートを開く。当初はスクール42周年記念のコンサートを行う予定だったが、震災を受けて急遽変更した。震災復興のための歌も3曲書き下ろした。「絆」「希望の道」「ふるさとにおくる愛の歌」は、「被災地を思い、湧き上がる気持ちを抑えることができずに創り上げた」と話す。

 ○…被災地のひとつ、岩手県普代村に不思議なつながりを感じている。昨年、43年ぶりに訪れた普代村の小学校でコンサートを開いた。その際、津波の恐ろしさも語ったが、「その時はこんな事態になるなんて小学生も私も思いもしなかった」と振り返る。震災後、普代村の人々の声を録音したテープをもらい、現状を知った。「言葉を失ったが、自分にできることは音楽で皆さんを支えたり励ましたりすること。必ず再訪して悲しみを一緒に乗り越えたい」

 ○…代々医者の家に生まれる。4歳からピアノを始め、大学は東京藝術大学へ進学。身長182センチメートルの長身に整った顔立ち、豊かなバリトンの声はデビュー後、多くの人々の心を掴んだ。舞台に立つ傍らスクールを開校して後進の育成にも励んだ。「生徒に教えていると教わることも多い。1人でも多くの人に音楽の楽しさやパワーを知ってもらいたい」と話す。そんな指導力やカリスマ的な魅力は今も健在。ハリのある歌声に惹かれて現在400人以上の生徒が区内外から通う。

 ○…子どもは3人。みな音楽家の道を選び、それぞれが第一線で活躍している。家族が集まると話題は自然と音楽の話に。「共通の話題があるせいか、いつも賑やかで楽しい」とにこやか。長男にはスクールや自身が切り開いてきた道を受け継いでもらう予定だ。「どんな出会いも音楽を生み出す力になる。生きる喜びや感謝の気持ちを忘れずに生きてほしい」
 

宮前区版の人物風土記最新6件

浪口 修さん

宮崎台のさくら祭りプロレスの仕掛け人でフリーのプロレスラー

浪口 修さん

3月16日号

山田 美和さん

第9回みやまえC級グルメコンテストでグランプリに輝いた

山田 美和さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク