宮前区版 掲載号:2016年7月8日号 エリアトップへ

鷲ヶ峰遺跡出土品 市重要歴史記念物に指定 旧石器人の生活跡明らかに

文化

掲載号:2016年7月8日号

  • LINE
  • hatena
指定された出土品の一部
指定された出土品の一部

 区内菅生ヶ丘にある鷲ヶ峰遺跡から出土した旧石器時代の石器群が先月、川崎市重要歴史記念物に指定された。市担当者は「市内で10カ所しかない旧石器時代の遺跡の中でも旧石器人の生活が良く分かる貴重な石器」と話す。現在、市民ミュージアム(中原区等々力)で常設展示されている。

 同遺跡は菅生ヶ丘の多摩丘陵の尾根上にあり、菅生ヶ丘8061と同2174の2地点に分かれて立地している。1981年、91〜92年、94年に集合住宅建設に伴い各地点で発掘調査を実施した際に旧石器時代の石器群等が出土した。

 今回、市重要歴史記念物に指定されたのは出土した石器のうち、2万3000年前と3万数千年前の2つの年代の石器計95点。

 指定理由は石器の種類や数、出土地点等から同遺跡は旧石器人が短期的に滞在して石器を使用した作業場であったことが分かり、小集団で移動しながら生活していた様子が推定できる点。

 特徴的なのは出土場所だ。市内に10カ所ある旧石器時代の遺跡では天候や地形の変化により石器が流される等して旧石器人が生活していた場所と出土地点が異なり、石器が点在していることが多い。一方で同遺跡の出土品は両年代とも当時生活していた場所からまとまって出土している。

 また、出土数も特徴のひとつ。県内660カ所の旧石器時代の遺跡を見ると、石器作りの際に出る石のかけら等を合わせて500〜1000点の石器が出土するのが一般的だが同遺跡にはそれが見られず、2万3000年前が43点、3万数千年前が52点と少ない。そのため、少集団が石器作りは行わずに完成品を持って食料を求めて移動しながら短期的な滞在をしていたことが見て取れる。こういった点から旧石器人の生活を窺い知ることができる資料的な価値が高いと言える。

宮前区版のトップニュース最新6

インスタで情報発信

宮前第4地区民児協

インスタで情報発信 社会

区内初 若年層に周知へ

10月15日号

詐欺被害 未然に防止

タクシー運転手篠田一夫さん

詐欺被害 未然に防止 社会

宮前署から感謝状

10月15日号

全国上回る回復基調

宮前区基準地価

全国上回る回復基調 経済

鷺沼再開発に期待感

10月8日号

ジャイアンツJrに選出

宮崎台バーズ関弘太郎さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月8日号

高齢者をサポーターに

川崎フロンターレ

高齢者をサポーターに 社会

オンラインで体操教室

10月1日号

夢のプロレスデビュー

野川中1年佐藤大地さん

夢のプロレスデビュー スポーツ

ほろ苦リング「強くなる」

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook