宮前区版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

(PR)

デンタルIQを高めよう!その56 噛み合せ第1回 顎関節症は何科を受診すればいいの? 取材協力/かねやす歯科医院

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena

 顎の骨が鳴る、頬のあたりが痛い、口が開かないという症状を抱える人は顎関節症かもしれない。「何科を受診すればいいのか…」と悩む人も多いのでは。

 実は、顎関節症は噛み合せの悪さが原因の場合が多い。「整形外科を選びがちですが、顎の痛みを感じたらまずはかかりつけの歯科に相談を」と金安院長。

 顎の付け根では、骨の間にある軟骨(関節円板)がクッションの役割を果たしている。その軟骨が正常に働かないと痛みや口の開け閉めのしづらさにつながる。

 軟骨のすり減りやズレの原因の多くは、片側ばかりで噛む、硬いものの食べ過ぎ等のほかに、噛み合せの悪さがある。

 例えば、硬いものを食べる時には片方の奥歯で噛み、反対側の奥歯は上下がくっつかないのが正常。しかし、両側の奥歯の上下がくっついてしまうと、顎や軟骨、歯に負担がかかってしまう。その負担の蓄積が顎関節症につながる。

 歯科では関節の状態を診て、マウスピースの使用や奥歯の高さを調整して噛み合せを整えることにより、顎を正常な位置に調整していく。「日常生活では、片方ばかりで噛む癖を直す、頬杖をやめる、あおむけで寝るといった対処法で関節をいたわってあげましょう」と金安院長。

鷺沼駅徒歩3分 かねやす歯科医院

神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-5-7 スクエアワン2F

TEL:044-871-7723

http://www.kaneyasu-shika.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

わんダフルライフを共に

わんダフルライフを共に

犬蔵に4月20日新規ペットサロン

4月9日号

コロナ禍、低下した筋力を効果的にアップ

コロナ禍、低下した筋力を効果的にアップ

「無料体験会」参加者募集

4月9日号

シーンに合わせた『稲』の持ち帰り

シーンに合わせた『稲』の持ち帰り

単品から大皿まで豊かな品揃え

4月2日号

初めての人の手話講座

初めての人の手話講座 社会

5月から 参加者を募集

4月2日号

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

たちばな銀杏霊園

心休まる 安住の墓所さらにお求めやすく

4月3日(土)、4日(日)見学会

4月2日号

残り1部屋 体験入居受付中

NPO法人 宮前かぐやの里

残り1部屋 体験入居受付中

地域に開かれた障害者の居場所作りに

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク