宮前区版 掲載号:2017年6月2日号 エリアトップへ

(PR)

デンタルIQを高めよう!その58 噛み合せ第3回 顎関節症、自覚症状が出たら治療を 取材協力/かねやす歯科医院

掲載号:2017年6月2日号

  • LINE
  • hatena

 前回、『顎関節症』の診断方法について聞いたが、診断後、どのように治療が進んでいくのか―― 。

 『顎関節症』の治療が必要な人は、「顎の筋肉が痛い」「片頭痛がある」「歯がぶつかる・揺れる」といった自覚症状が出ている人だという。金安院長は「口を大きく開けた時、まっすぐ閉じない、ガコッと音が鳴るという人でも自覚症状が出ていない場合は、予防的にマウスピースを使用して様子をみるとよいでしょう」と話す。

状態に合わせてマウスピースで治療

 自覚症状が出ている場合の原因として、【1】顎周辺の筋肉の緊張【2】顎の付け根の骨と骨の間にある軟骨(関節円板)のズレ―が考えられる。

 【1】の場合、口を閉じた時に上下の奥歯があたり、食いしばってしまうといったことが原因で筋肉に負担がかかっている。このケースは前歯のみのマウスピースを装着して上下の奥歯があたらないよう調整し、筋肉の緊張をほぐしていく。

 この治療で症状が改善されない時は、【2】関節円板のズレが原因だと考えられるという。その場合、全ての歯にかぶせるマウスピースを使用する。関節円板が正常な位置にある状態で噛みあわせられるよう、顎の位置を調整してマウスピースを装着する。金安院長は「放置すればするほど、歯が削れてしまったり、抜けてしまうなど影響が出てくる。そうなる前に、早期に治療することが大切です」と呼びかける。

 次回は「噛み合わせの診断・治療」について解説。

鷺沼駅徒歩3分 かねやす歯科医院

神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-5-7 スクエアワン2F

TEL:044-871-7723

http://www.kaneyasu-shika.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

院内感染予防を徹底 安心の治療を

医療用空気清浄機も導入

院内感染予防を徹底 安心の治療を

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

10月23日号

11月3日の縁日は中止

11月3日の縁日は中止

護摩祈願会、聖徳太子供養会、参拝は可

10月23日号

「黄金大仏」が開眼されました

川崎霊園を見守る大仏像が”お色直し”

「黄金大仏」が開眼されました

金箔5万枚の輝き 拝観無料

10月23日号

31日 宗教改革記念日を祝う

イエスの栄光教会

31日 宗教改革記念日を祝う

農業体験で大地の恵みに感謝

10月23日号

「意志があれば道は開ける!」

40年の指導実績 タノクラアカデミー

「意志があれば道は開ける!」

女性塾長がコロナ禍の不安に寄添う

10月23日号

川崎市 介護資格取得を支援

川崎市 介護資格取得を支援

無料で取得 説明会を実施

10月23日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク