宮前区版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

市ごみ出し難民対策 「ふれあい収集」16年で6倍 将来的な人手不足懸念

社会

 高齢者ら自力でごみを集積所まで出しにいけない、いわゆる”ごみ出し難民”が全国的に増加し、問題となっている。川崎市でもその対策の一環として2000年に導入した「ふれあい収集」の利用世帯(普通ごみ)が16年で約6倍に増加し、将来的な人手不足等が懸念されている。

 高齢で足腰が弱くなりごみを出すことができず、室内がごみ屋敷化してしまう家庭が全国的に増加。ごみにつまづき転倒し骨折、寝たきりになるケースもあるという。また、外に出ようという気持ちがなくなるため、孤独死の危険性を指摘する専門家もいる。

 こうしたごみ出し難民らへの対策として、市は00年から「ふれあい収集」を導入。65歳以上または障害者で、一人暮らし、もしくは同居家族がいるが同居者がごみを集積所等まで持ち出せない世帯に対し、普通ごみ・資源物・粗大ごみを職員が排出者宅前や所定の場所まで直接収集に行くサービスを行っている。

 対象者は所管の生活環境事業所(市内5カ所)に申し込む。導入翌年の01年度、普通ごみの実施世帯数が全事業所で133世帯だったのに対し、今年10月1日現在では861世帯に達し、約6倍に増えている。

 市は「現状は通常の業務の範囲内で問題なく対応できているが、今後も利用者の増加が見込まれ、人手不足が危惧される。福祉関連部署との連携を含め、新たな収集方法を模索している」としている。

宮前区版のトップニュース最新6件

子育て支援策を拡充

宮前区新年度予算案

子育て支援策を拡充

2月23日号

改良土 使用再開へ

川崎市公共工事

改良土 使用再開へ

2月23日号

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

区役所移転の可能性探る

鷺沼駅周辺再編整備

区役所移転の可能性探る

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

地域の郷土文化を後世へ

映画プロデューサー小倉美惠子さん

地域の郷土文化を後世へ

2月9日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク