宮前区版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

今シーズン、A型・B型が同時流行 37度台の熱でもインフルエンザの可能性 取材協力『佐久間耳鼻咽喉科クリニック』

 今シーズンも猛威を振るったインフルエンザだが、流行り方が例年と異なっているという。通常、年末にA型の流行が始まり暖かくなるとB型に移行するが、今シーズンは年末からA型、B型が同時流行した。区内菅生の『佐久間耳鼻咽喉科クリニック』の佐久間惇院長は「現在もA型の患者さんがいる。花粉症シーズンに突入しても残っているのはまれ」と話す。

 インフルエンザは38度以上の高熱が出るというイメージがあるが、実は誤解だ。佐久間院長は「37度台で留まるケースも多い。熱が上がらずインフルエンザと気づかない人もいる。微熱だからと仕事や学校に行ってしまい、感染が広がる場合もある」と話す。

 インフルエンザは寒気やダルさ、頭痛、関節痛、熱といった症状が急に出るのが特徴。「午前中は大丈夫だったけど、午後急に悪化したという人などは要注意。特徴をしっかり知って、早期で気づくことが大切」と佐久間院長。

 早期発見は感染拡大の防止にもつながる。罹ってしまったら周囲にうつさないようにすることが重要だ。佐久間院長は「インフルエンザは熱が下がってもウイルスは体の中にいる。元気になったからといって出かけたりせずに、熱が下がってから2日間は家で安静に過ごしてほしい。これが感染拡大防止に繋がる」と呼びかける。

佐久間耳鼻咽喉科クリニック

川崎市宮前区菅生2-1‐6日向園ビル1階

TEL:044-975-4387

http://doctorsfile.jp/h/10482/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク