宮前区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

『せいじのみかた』VOL.‌90 飯田県議論戦成果 18億円もの削減効果 神奈川県議会議員 飯田満

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 2月21日の神奈川県議会本会議で黒岩祐治知事は、県有施設で保管されているポリ塩化ビフェニル(PCB)の質疑で、「平成27年3月末時点の調査で、変圧器とコンデンサーを合わせて約2600台、安定器が約5万5000台、その処理費用は約70億円と試算した」と答弁しました。

 高濃度PCBは、国が指定した中間貯蔵・環境安全事業(株)(室蘭市)で処理する必要があります。この処理費用全額(約70億円)には、県民の血税が使われることになるので当然納得できません。

 実は、独自に調査を重ねた結果、安定器にはPCBが含まれていないものがある事実を掴んだ私は、議会で「含有・非含有調査」の実施を訴え、今年度、約1億円の予算が計上され、調査が行われてきました。

 その調査結果を問われた黒岩知事は「変圧器とコンデンサーは約1500台、安定器は約7000台減り、処理費用は約18億円の削減が見込まれ、調査の費用対効果は大変大きかったと考えている」と、調査の実効性を認めました。

 議会における議論の結果、県民の大切な血税が約18億円も節約することに成功した実績は、今後の政策立案にも重要な自信に繋がる結果となりました。

県議会でPCB処理の論戦
県議会でPCB処理の論戦

飯田みつる

川崎市宮前区菅生1-4-51

TEL:044-978-1128

http://www.iidaman.net

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

「空き家対策」待ったなし!川崎市の現状と課題について

市政報告Vol.30

「空き家対策」待ったなし!川崎市の現状と課題について

川崎市議会議員 矢沢たかお

4月3日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!川崎市の新型コロナウイルス対策!

新型コロナから集団感染を防ごう!

宮前ガバナンス3月号 連載寄稿

新型コロナから集団感染を防ごう!

〜川崎市の対策は今〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

3月20日号

パートナーシップ宣誓制度検討へ

パートナーシップ宣誓制度検討へ

川崎市議会議員 石川けんじ

3月6日号

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!令和2年度予算案を読み解く!

宮前区内道路の渋滞対策を求め!

宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

宮前区内道路の渋滞対策を求め!

〜児童を守る交差点の改良と共に〜 川崎市議会議員 石田 やすひろ

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク