宮前区版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

川崎有馬ハンドボールC 創設10年、初の全国へ 監督夫妻の「愛情」実る

スポーツ

 有馬小学校を拠点に活動している川崎有馬ハンドボールクラブ(猪又紀之総監督)が6月17日、神奈川県少年少女ハンドボール大会で優勝を果たし、関東大会と全国大会の出場の切符を手にした。クラブ創設から10年で初の快挙。監督夫妻が二人三脚で注いできた「愛情」が全国への道を切り拓いた。

 川崎有馬ハンドボールクラブは2008年に有馬小学校のクラブ活動から誕生した地域クラブ。創設から現在までクラブの中心となって運営してきたのは、猪又紀之さん(46)と洋(ひろみ)さん(47)の夫妻だ。

 洋さんは有馬中、紀之さんは西中原中の出身で、2人は中学校、高校でハンドボール部に所属。ハンドボールが縁となり結婚した。

 クラブを立ち上げた10年前、小学校は問題を起こす児童も多く、荒れた環境だった。そこで2人は、地域の子どもたちに家族として愛情を注いできた。クラブ内ではメンバーを「ファミリー」と表現。洋さんは「監督が父で私が母。チームは大切な家族。強いだけじゃダメ。元気なあいさつなど生活面も大事」と話す。

 これまで県大会では2位が4度あるが、優勝経験はなし。6月の県大会は川崎対決を逆転で制し、悲願の初優勝を飾った。紀之さんは「うちにはずば抜けたスーパープレイヤーはいない。スローガンに掲げている『全員ハンド』で戦った。保護者の熱心な声援に応え、諦めないで勝利できた」と喜びを語った。

 クラブは7月21日・22日の関東大会(小田原)、8月2日〜6日の全国大会(京都)に臨む。キャプテンの肥後元輝君(6年)は「目標は優勝。声を出して盛り上げたい」と意気込む。紀之さんは「緊張しないでチームらしさが発揮できるようサポートしたい」と話した。

宮前区版のトップニュース最新6件

わらじづくりの伝統継承

初山

わらじづくりの伝統継承

9月21日号

参加事業所、1割止まり

市独自介護施策

参加事業所、1割止まり

9月21日号

新・洪水マップ作成へ

川崎市

新・洪水マップ作成へ

9月14日号

「居場所づくり」普及の一歩

向丘地区連合自治会

「居場所づくり」普及の一歩

9月14日号

「桜、もう切らないで」

宮崎台駅前

「桜、もう切らないで」

9月7日号

今年11人、4年ぶり2桁

風しん市内患者

今年11人、4年ぶり2桁

9月7日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク