宮前区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

鷺沼 再開発ビル 地上37階建て 駅前街区、高さは約146m

社会

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
再開発予定の鷺沼駅前
再開発予定の鷺沼駅前

 鷺沼駅前再開発の建物の規模が明らかになった。「駅前街区」は地上37階建て、高さ約146m。鷺沼駅前地区再開発準備組合(原修一理事長)が環境アセスメント手続きに着手し、川崎市の13日の報道発表で計画の概要案が示された。

 東急電鉄やセレサ川崎農業協同組合、横浜銀行など民間事業者らで構成される鷺沼駅前地区再開発準備組合が建物の規模を示すのは初めて。

武蔵小杉タワマン並み

 フレルさぎ沼周辺のエリアを「駅前街区」、横浜銀行など金融機関が並ぶエリアを「北街区」としている。準備組合の事業の概要案によると、「駅前街区」の建物階数は地上37階、地下2階。高さは最高約146m。市内で同様の高さの建物は、武蔵小杉駅前のタワーマンションで同規模のものがある。溝口のノクティ2(マルイ側)=高さ約59m=と比較すると約2・5倍の高さだ。

 敷地面積は約1万1170平方メートル、建築面積約9150平方メートル。容積率は約500%。主要用途を商業・業務等・住宅・交通広場とし、計画戸数は390戸。地下に約400台分の駐車場を設ける。

 駅前街区には、宮前市民館、図書館が宮前平の現地から移転し整備される。規模は現施設と同規模で、2025年〜26年度中の供用開始をめざすとしている。

 宮前区役所が移転整備される北街区の建物階数は、地上20階、地下2階。高さは最高約92m。敷地面積は約3680平方メートル、建築面積約3150平方メートル。容積率は約500%。主要用途は住宅・業務等。約140戸を計画。区役所は現庁舎と同規模で低層部に整備する。完成予定は28年〜30年度ごろと見込む。

 北街区の建物にも地下に駐車場が整備される(約110台分)。駅前街区とあわせると駐車台数は510台だが、住宅用の台数も含まれている。

 環境アセスメント手続きに関わる環境影響評価方法書は9月26日まで宮前区役所と市役所環境局で縦覧できる。方法書に対する意見書の提出期限は9月26日まで。都市計画手続きを経て21年度の工事着工をめざしている。

宮前区版のトップニュース最新6

土俵なしで全国ベスト16

土俵なしで全国ベスト16 スポーツ

野川中相撲部 団体戦で

9月20日号

市内1,700店で始動

キャッシュレス決済還元

市内1,700店で始動 社会

市、観光活用へ導入促進

9月20日号

初の多世代交流イベント

全町連・川崎フロンターレ

初の多世代交流イベント 文化

住民・企業・行政が連携

9月13日号

初の「英語」 親しみ重視

市立小教科書

初の「英語」 親しみ重視 教育

市、13教科採択 次年度から

9月13日号

助成金低調、利用2割弱

川崎市ブロック塀撤去

助成金低調、利用2割弱 社会

制度の周知進まず

9月6日号

地域の足、15年越しの実現

白幡台・初山地区など

地域の足、15年越しの実現 社会

10月、買物送迎バス運行へ

9月6日号

地域がつながる食堂開店

宮崎台

地域がつながる食堂開店 社会

大学生が企画・運営

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク