宮前区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

北高ダンス部 目指すは年間王者 選抜大会で強豪と対決

スポーツ

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
区役所前で練習に励む同部
区役所前で練習に励む同部

 川崎北高校ダンス部(部員数54人/原田苑佳顧問)が、11月4日(月・祝)に横浜アリーナで開催される、第1回日本高校ダンス部選手権グランプリ決定戦に出場する。全国から選抜された30校のみが出場できる大会を前に、練習に熱が入る。

 「バブリーダンス」の火付け役となった大阪府立登美丘高校ダンス部を輩出した、日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)。年に数回行われる同大会の年間王者を決定しようと今大会が新設された。

 北高ダンス部は、8月に行われた第12回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)全国大会スモールクラスで「ミートパスタ教」をテーマに準優勝したことから選ばれた。選抜された全国の強豪30校と11月4日、横浜アリーナで対決する。

 しかし、同部は8月末の文化祭で3年生が引退し代替わり。1、2年の新チームで挑む。同部の原田顧問は、「今年のチームは、個性が強く、自分たちのスタイルを譲らない芯の強さもある。エンターテイメント性も高いが、まだまだ粗削りな部分もあるので、チームがよりまとまっていけば、もっと良くなるはず」と分析する。

今度は「人形」で勝負

 今大会のテーマは「捨てられた人形」。ボロボロになり怒りや逆襲の念に駆られるも、最後は捨てられてしまうという物語性のあるテーマ。3月の新人戦で踊ったものを、再構築し磨き上げた。

 同部は今まで踊る人数の少ないスモールクラスを得意とし、力を入れてきた。今大会は部門分けが無く、大所帯の21人で構成した。チームリーダーの安達華さん(2年)は「人数が多くて戸惑いもあるが、メンバーの仲の良さと練習量でカバーする」と話す。部長の酒井爽花さん(同)は「選抜されたのはとってもうれしかった。けれど、プレッシャーもとても感じている。人数が多いからこそできることもある。出るからには優勝したい」と闘志を燃やす。

 10月26日時点で、大会目前という事もあり、毎日の練習に加え、同部員らは市民館と区役所の間の、外のガラスに踊る姿を映しながら自主練にも励んでいる。
 

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

中高生防災チーム発足

菅生台自治会

中高生防災チーム発足 社会

若い力で高齢化に一手

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

響け 幼なじみの八重奏

野川中吹奏楽部

響け 幼なじみの八重奏 文化

県金賞、東関東大会に出場

1月17日号

「『ご近助』の取組を大切に」

「『ご近助』の取組を大切に」 社会

高橋区長にインタビュー

1月10日号

宮前区から聖火ランナー

2020東京五輪

宮前区から聖火ランナー スポーツ

県内最高齢の五島さん

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

聖マリ医大 公開講座受講生募集

聖マリアンナ医科大学専門医らが身近な病気について分かりやすく解説!

http://www.marianna-u.ac.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

車いすフェンシング体験

パラリンピック正式種目 湯けむりの庄

車いすフェンシング体験

日本代表選手が登場

1月26日~1月26日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク