宮前区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

宮前平中出身神林勇太選手 悔しさの先に掴んだ栄光 箱根駅伝 初出走を語る

スポーツ

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 正月に行われた箱根駅伝で優勝した青山学院大学。第9区を走り、優勝に貢献した神林勇太選手(3年)=写真=は、宮前平中学校の出身だ。4年生が引退した新体制で主将となった神林選手に、初の箱根路の感想と今後の抱負を聞いた。

 1年時に唯一16人のエントリー選手に選出された逸材。昨年2年時は直前でオーダー変更により、実際に走ることができなかった。「悔しくて考えたが、今思えばまだまだだった」。昨年10月の出雲駅伝では区間新の快走で好調ぶりをアピール。念願の初出走となった。「『やっと』という思いや緊張、色んな思いがあった。走れない人の分まで力以上のものを出さなくては」と箱根駅伝に臨んだ。

応援が後押し

 青学は往路をトップで折り返し、自身は2位に2分差をつけて襷を受け取った。最初はペースが速かったが、監督の「心配するな。一番輝いているぞ」との声に「箱根駅伝を走っているんだと実感した。安心して走ることができた」。結果、区間賞の快走。アンカーに「頼むからトップで」と襷と気持ちを託した。

 出走前には、中継所に宮前平中学陸上部時代の同期や顧問らが駆け付けた。沿道の声援も、思った以上のものだった。「色んな人の応援が想像をはるかに超えて力になった」とうなずく。

 力を出し切って走り抜け、足にはマメをつくり低血糖で歩くのもやっとだったが、電車でゴールの大手町へ。テレビ中継を観ていたという大学生が席を譲ってくれ、電車の中でスマートフォンでゴールの瞬間を目にして涙が溢れた。「苦しんで、初めて走って最後に優勝という、良い思いをさせてもらった。先輩や応援してくれた人へ、少しは恩返しできたかな」

新チーム主将に

 箱根駅伝を終え4年生は引退。新体制の主将となった。「常に勝たなくてはいけないプレッシャーはあるが、歴代最強になるポテンシャルがある代。全員で一丸となって勝ちたい」。目標は「史上初2回目の大学駅伝3冠」と意気込む。

 個人では「出雲、全日本、箱根、3つの駅伝全てのエース区間で区間賞を獲りたい。生まれ育った宮前区に、良い報告ができるように」と闘志を燃やしている。有終の美を飾れるか、最後の1年がスタートした。

宮前区版のトップニュース最新6

整備計画、1年繰り下げ

橘官衙遺跡群

整備計画、1年繰り下げ 文化

文化庁の助言受け

2月21日号

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 社会

年度内の作業完了めざす

2月7日号

鷺沼駅へのバス路線強化

川崎市

鷺沼駅へのバス路線強化 社会

都市計画基本方針 改訂へ

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク