宮前区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

宮前平中出身神林勇太選手 悔しさの先に掴んだ栄光 箱根駅伝 初出走を語る

スポーツ

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 正月に行われた箱根駅伝で優勝した青山学院大学。第9区を走り、優勝に貢献した神林勇太選手(3年)=写真=は、宮前平中学校の出身だ。4年生が引退した新体制で主将となった神林選手に、初の箱根路の感想と今後の抱負を聞いた。

 1年時に唯一16人のエントリー選手に選出された逸材。昨年2年時は直前でオーダー変更により、実際に走ることができなかった。「悔しくて考えたが、今思えばまだまだだった」。昨年10月の出雲駅伝では区間新の快走で好調ぶりをアピール。念願の初出走となった。「『やっと』という思いや緊張、色んな思いがあった。走れない人の分まで力以上のものを出さなくては」と箱根駅伝に臨んだ。

応援が後押し

 青学は往路をトップで折り返し、自身は2位に2分差をつけて襷を受け取った。最初はペースが速かったが、監督の「心配するな。一番輝いているぞ」との声に「箱根駅伝を走っているんだと実感した。安心して走ることができた」。結果、区間賞の快走。アンカーに「頼むからトップで」と襷と気持ちを託した。

 出走前には、中継所に宮前平中学陸上部時代の同期や顧問らが駆け付けた。沿道の声援も、思った以上のものだった。「色んな人の応援が想像をはるかに超えて力になった」とうなずく。

 力を出し切って走り抜け、足にはマメをつくり低血糖で歩くのもやっとだったが、電車でゴールの大手町へ。テレビ中継を観ていたという大学生が席を譲ってくれ、電車の中でスマートフォンでゴールの瞬間を目にして涙が溢れた。「苦しんで、初めて走って最後に優勝という、良い思いをさせてもらった。先輩や応援してくれた人へ、少しは恩返しできたかな」

新チーム主将に

 箱根駅伝を終え4年生は引退。新体制の主将となった。「常に勝たなくてはいけないプレッシャーはあるが、歴代最強になるポテンシャルがある代。全員で一丸となって勝ちたい」。目標は「史上初2回目の大学駅伝3冠」と意気込む。

 個人では「出雲、全日本、箱根、3つの駅伝全てのエース区間で区間賞を獲りたい。生まれ育った宮前区に、良い報告ができるように」と闘志を燃やしている。有終の美を飾れるか、最後の1年がスタートした。

宮前区版のトップニュース最新6

市民の生活様式 共有

市民の生活様式 共有 社会

宮前区 体験談や作品募集

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日18:48更新

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク