宮前区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

宮前区スポーツ推進委員会委員長を務めるなど、地域活動を続ける 北野 隆生さん 宮前平在住 71歳

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

「できる事を」と半世紀

 ○…スポーツの秋-。例年であれば地域大会に参加し、連絡調整も行う。イベント当日に交通整理にあたることも。「区民がスポーツに親しむきっかけを作り、普及を図りたい」。区の委員長を2015年度から務めるだけでなく、市の副会長、県の常任委員も兼任している。

 ○…大田区北洗足で生まれ、19歳の時に父の仕事で宮前に引っ越した。最寄りの宮崎台駅は、当時は屋根すらなかった。「うちの前で子ども会がキャンプをしたこともあったね」と懐かしむ。ボーイスカウトや青年の船を経験したことや「地域活動を積極的に」という父の意向もあり、町会長に頼まれ24歳で子ども会会長を引き受けた。「自営業で時間の融通もきいたから」。家業は精密金型プレス。製作物は歯列矯正の細かな部品や、人工衛星の端子として宇宙へも行っている。

 ○…推進委員は例年、区民祭で体力測定のブースを出店。判定を出し翌年までの改善を呼び掛けてきた。対象を79歳までと定めていたが、継続し来場する80代も。うれしい悲鳴とともに、医師を置いて対応している。しかしコロナ禍で委員の活動はほぼ中止に。何かできることはないかと県の講習を受け、1日30分週3日3カ月運動を続ける「3033運動」を持ち帰り、各自に継続を呼び掛けた。「早く普段の生活に戻るといい」

 ○…小さな頃オリオンズファンで川崎球場へ通った。子ども会長を引き受けすぐ、27歳から子ども会の少年野球「花の台フラワーズ」の手伝いも。監督として市子ども会連合会の夏の大会で優勝したこともある。「地域の子どもは、自分の子どもみたいなもんだよ」とにっこり。「できる事をと初めてもうすぐ50年。地域がより仲良く、楽しくなったらいいね」

宮前区版の人物風土記最新6

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

村田 仁志さん

「土橋ウォーク」の発起人として準備を進める

村田 仁志さん

土橋在住 69歳

11月6日号

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮崎在住 69歳

10月30日号

石倉 周さん

中学生野球クラブチーム「川崎宮前ドリームス」を立ち上げ監督を務める

石倉 周さん

鷺沼在住 28歳

10月23日号

金屋 隼斗さん

マニフェスト大賞(関東選抜)に選ばれたNPO法人理事長の

金屋 隼斗さん

東野川在住 44歳

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク