宮前区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

マニフェスト大賞(関東選抜)に選ばれたNPO法人理事長の 金屋 隼斗さん 東野川在住 44歳

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

鍼灸で社会貢献を

 ○…政策コンテスト「マニフェスト大賞」で関東地域代表の一つにノミネートされた。理事長を務めるNPO法人(西野川)は、市内外の鍼灸マッサージ師などが参加して昨11月に結成。4月、5月のキャンペーン期間中、厳しい経営を強いられている事業者45人を無料施術。心理カウンセラーの資格もあるメンバーが、マッサージ中に悩みを聞き、身体的・精神的な支援を行った。自身も治療院を営み、コロナ禍で利用客は減っているが「時間があるのだから、僕らにしかできない社会貢献をしようと思った。同じ境遇の目線でケアしていきたい」。

 ○…高津区で生まれ育った。剣道の腕を見込まれ市立橘高校へ推薦入学するも、すぐにHIPHOPダンスに魅了された。高校卒業後はバイトで資金をためて渡米し、1年半の修行を経て帰ってきた。自他共に認める「思い付いたらすぐ行動するタイプ」。

 ○…インストラクターを経て結婚を機に転職。介護職員として働く中で、身体的不調を訴える高齢者をケアしたいという欲求が生まれた。専門学校に通い鍼灸師の資格を取得。3年前に独立を果たした。在宅ケアの仕事を通じて、金銭的に施術を受けたくても受けられない高齢者が多いことに気がついた。「非営利団体を設立して総合的なケアに取り組もう」とNPO法人を設立。業界の現状を目に涙を浮かべながら話す感受性豊かなリーダーだ。

 ○…今回の提言に通じるアイデアは、「かわさき起業家オーディション」でも表彰されている。さらに磨きをかけるべく、日本政策学校へ通い続けた努力の人でもある。「自分だけが良ければいい。そんな人間にはなりたくない」。団体の掲げるスローガンに全てが込められている。

宮前区版の人物風土記最新6

横山 晃喜さん

雅楽団体の一人として「太鼓ミーティング」のオープニングを飾る

横山 晃喜さん

犬蔵在住 27歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

7月29日号

北野 やす子さん

宮前区赤十字奉仕団委員長を務め、30年の活動を表彰された

北野 やす子さん

宮前平在住 77歳

7月22日号

中島 裕子さん

設立40周年を迎えた宮前区交通安全母の会の会長を務める

中島 裕子さん

神木本町在住 65歳

7月15日号

筒井 昭輔さん

44年前に描いた風景画を鷺沼町会に寄贈した

筒井 昭輔さん

鷺沼在住 91歳

7月8日号

松本 正さん

長崎被爆体験の語り部として活動する

松本 正さん

鷺沼在住 91歳

7月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook