宮前区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

自主保育BBだん 「おさがり」で交流づくり 子育て世代向けバザー

コミュニティ社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
「何をやっているの?」と訪れる近隣住民も多い=当日の様子
「何をやっているの?」と訪れる近隣住民も多い=当日の様子

 親が連携し未就学児を見守る自主保育団体による、子どものおさがりを持ち寄ったバザーが4月26日、宮崎第4公園で開催された。宮前区が行う子育て世代転入者向けイベントが開催できない中、地域保育団体が交流のきっかけづくりを担っている。

 今回のイベントは、自主保育「BBだん」(大西由紀野代表)によるおさがりぐるぐるリサイクルバザー。OBやボランティア活動で知り合った人たちから集めた、子ども服やおもちゃ、絵本などをおさがりとして販売した。

 「おさがり」は、一部を除いて一律50円。売り上げの一部は、年長・年中の子どもが使い道を決める。今まで、スイカ割りやキャンプの足し、募金にも使われている。

一大イベントの受け皿に

 当日は、50組以上の親子が集まった。子どもの夏服などを買った石井総一郎さん、祐加さん、このかちゃん一家は、1月ほど前に宮崎に引っ越してきたばかり。「すぐ小さくなってしまうブランド子ども服も安く買えて大満足。何より、知り合いもおらず心細い中誘ってくれて、輪が広がったのがありがたい」と話す。

 区が行う、子育て世代転入者向けの一大イベント「うぇるかむクラス」は、例年6月に市民館や有馬・野川生涯学習支援施設アリーノ、地域子育て支援センターすがおで計100組超に向け開催されてきた。民生委員や地域保育団体の紹介をするなど地域交流のきっかけづくりとなっていたが、昨年と今年はコロナの影響で中止に。今回の企画について区担当者は「地域団体が受け皿となってくれるのはありがたい。イベントはできなくとも、団体を紹介していきたい」と話す。

 BBだんの大西代表は「自主保育を知ってもらい、ママだけでなく地域の人達との交流のきっかけになれば」とバザー開催の意義を語り「ただ公園で遊ぶ集まり。コロナ禍でも参加しやすいはず。気軽に遊びに来てくれるのも大歓迎」と参加を呼び掛けている。

 バザーは年2回開催。次は秋を予定している。SNS・インスタグラム「自主保育BBだん」で随時情報を発信中。

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

平中 1、2年生で初優勝

新体操県大会

平中 1、2年生で初優勝 スポーツ

区内クラブ所属の5人

6月18日号

移転し再建の方針

川崎市市民ミュージアム

移転し再建の方針 文化

骨子案で公表、候補地は未定

6月18日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

ママ社員発 産褥(さんじょく)支援

(株)ボディスプラウト

ママ社員発 産褥(さんじょく)支援 社会

矯正下着を無償提供

6月11日号

野川発 世界へ

アニメ制作会社

野川発 世界へ 文化

子ども思い CFで

6月4日号

地域巡る「お不動さん」

神木山等覚院

地域巡る「お不動さん」 文化

風習伝え、今年も馬絹に

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter