神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年5月10日 エリアトップへ

馬絹町内会 念願の会館が完成 土地寄付で実現

社会

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
完成した馬絹町内会会館
完成した馬絹町内会会館

 馬絹町内会(目代鉄男会長)はこのほど、同町内会初となる町内会館を完成させた。近く関係者向けに「お披露目会」を実施後、利用を開始。今後は町内会の会合や関連団体にも貸し出される予定だ。

 会館は平屋で、内部はフローリング敷き。トイレや事務室、倉庫も併設されている。

 建設場所は、宮前休日急患診療所の斜め向かい、道路を挟んだ三ツ又庚申堂の隣で、地域の組織「三ツ又講中」から寄付を受けたという。建物の名義は、自治会館・町内会館などの土地や施設の寄付の受け入れと貸付けを行う(公社)川崎市市民自治財団となり、維持管理は同町内会が担当。建設費には最大で800万円までが補助される、川崎市の補助金制度を活用した。昨年春から建設を開始し、今年1月に完工した。

 同町会は3360世帯が加入。1941年頃に設立されたが、これまで町内会館は所有せず、役員会などの会合には歴代町内会長の自宅や、まじわーる宮前など、既存の施設を活用してきた。土地の寄付を受け、会館の建設が進展した。

 館内の椅子や机など備品の選定、利用料や鍵の管理については、会館建設委員会で話し合いを重ねた。今後、関係者を招いて「お披露目会」を実施。その後、利用開始するという。役員会をはじめ、子ども会や老人会など、同町内会に関連する団体にも貸し出していく予定だ。

 念願の会館完成に目代会長は「歴史のある町内会だが、このように会館ができ感慨深い。使っていく中でルール等を変えていく必要もあるかもしれない」と話している。

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

夕夜におしゃべり

鷺沼駅前

夕夜におしゃべり

20代企画の酒なし社交場

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

食品購入費も対象に

町会応援補助金

食品購入費も対象に

会員の声受け、制度改正

6月7日

運転手不足で144便減

市バス

運転手不足で144便減

鷲ヶ峰営業所管内 10日から

6月7日

市内産梅、出荷始まる

市内産梅、出荷始まる

6月下旬まで

5月31日

川崎版「うんこドリル」誕生

市制100周年コラボ事業

川崎版「うんこドリル」誕生

「子どもの権利」楽しく解説

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook