神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年5月17日 エリアトップへ

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿 災害に強い川崎へ!(中) 〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

 令和6年度予算案を審議する予算議会において「かわさき強靱化計画」の議論を行いました。予算審査特別委員会では「災害情報通信システム」について、危機管理監に質しました。国土強靱化の推進に関する予算として6億5781万円余で対前年比8680万円余の減を計上しています。その内、災害情報通信システムの整備推進として3億9020万円余を計上しています。情報収集・伝達体制の強化では「民間企業」のノウハウを活用しながら、効率性を踏まえた伝達手段の多重化等を目指します。

 緊急速報メールは、スマートフォンにメールで届きます。緊急地震速報は、気象庁において地震を察知した際に、速報で届きます。緊急速報メールはそれとは別に、国や地方公共団体が適時必要となる災害・避難情報等を、指定エリアに一斉に配信します。危機管理監の答弁によると、「災害の発生警告や避難指示等を携帯電話に通知するもので、1対1で送受信される登録制メールとは異なり、制御チャンネルを通じて同報的に送信されるため、輻輳の影響を受けにくく、短時間に情報を伝達することが可能な手段です。 また、その運用は、端末所有者に強制的に受信させるため、真に必要なものとして、高齢者等避難や避難指示、緊急安全確保など、現在17項目の利用に限定している」と言います。

 速報性に優れた情報発信は「きっかけ」や「気づき」を与える、有効な情報ツールとなります。避難指示等が発令された場合には、緊急速報メールで知る事ができます。本市危機管理本部では、様々な伝達手段の特徴や役割を踏まえながら、災害時には迅速に防災情報を市民が取得できるよう、効率的・効果的な発信を目指しています。議会では、本市による情報発信について、プッシュ型とプル型に加え、防災アプリ各種SNS等の民間サービスのベストミックスによる多重化の取組みにより、市民意識の向上と併せ、防災力をアップするよう要望しました。引き続き、安全・安心なまちづくりを目指して議論してまいります。

川崎市議会議員 石田やすひろ

川崎市宮前区馬絹6-24-26

TEL:044-861-6870

http://www.ishidayasuhiro.com

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

まっとうな政治を宮前区から

意見広告

まっとうな政治を宮前区から

立憲民主党神奈川県第19区総支部長 佐藤たかし

6月14日

災害に強い川崎へ!(中)

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(中)

〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月17日

教員不足が深刻に

市政報告

教員不足が深刻に

 日本共産党 川崎市議会議員団 石川けんじ

5月3日

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

市政報告【4】

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

あしたの川崎・日本維新の会 高戸ともこ

5月3日

災害に強い川崎へ!(上)

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(上)

〜かわさき強靱化計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月19日

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook