高津区版 掲載号:2011年1月21日号
  • googleplus
  • LINE

「川崎市の昭和」出版 発売は3月中旬 生活文化伝える写真アルバム

発行される写真アルバムのポスター
発行される写真アルバムのポスター

 市民らが撮影した昭和の川崎市の町並みや風俗などを一冊の写真アルバムにした『川崎市の昭和』が今春発行される。関係者は写真集を通じて「当時を懐かしんでもらいたい」と話す。

 『川崎市の昭和』は、川崎市ふれあい館初代館長で元川崎市総合教育センター所長を務め、現在は21世紀川崎教育フォーラム代表の江頭秀夫さんが監修する。いき出版(本社・新潟県長岡市 佐々木高史代表取締役)が発行し、神奈川県教科書販売株式会社が発売元となる。

 川崎市に焦点を当てた写真集は『川崎市の昭和史』など、これまでにも発行されているが、今回刊行されるアルバムは町並みや建物、風俗、祭り、遊びなど生活文化を中心に編集されている。

 写真は公募などを通じて集まった5000枚の中から600枚を掲載。A4判・280ページにジャンルごとに並べられている。写真には郷土史家らが100文字程度の解説を添え、「郷土資料としても有効に活用されるはず」といき出版側では期待を寄せる。

 アルバムに収められるのは昭和初期から50年代まで。監修する江頭さんによると「溝口や川崎駅前など今と比べると、ずいぶん町並みが変わっていることが分かるような写真や目を見張るような作品が多い。また、昔の写真を見ると人と人の心が通じ合う様子も伝わってくる。ぜひ、手にとってもらいたい」と話す。

 発売は3月中旬予定で価格は9990円(税込み)。川崎市内の主要書店で購入できる。
 

高津区版のトップニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前橋汀子リサイタル

前橋汀子リサイタル

糀ホール 読者5人を招待

4月7日~4月7日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三七回 「高津区の景観とまちおこし」

    高津物語

    3月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三六回 「岡本かの子と老妓」

    高津物語

    3月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク